« さらば、勢州! | トップページ | 子午線のまち »

2012年8月30日 (木)

再び西へ

長らくのご無沙汰でございます。

前回の更新が2011年4月7日ですから、約1年5か月振りの更新。
ココログの更新方法も、ほとんど忘れてしまっております。

T_t_imgp8667_2_3
【しらこばと大橋:越谷市】

前回の更新でお伝えしたのが、
転勤辞令を受け、三重県を離れるという内容でした。

T_imgp9014
【草加公園の蓮:草加市】

その後、続報は途絶えてしまい、「新任地は関東地方」と書いたまま、
このブログでは、どこへ落ち着いたのかもお知らせせぬままでした。

もしいらっしゃるとするなら、
読んでいただいた方には大変申し訳なく思っております。

T_imgp9889_3
【ひまわり:清瀬市】

この空白の1年5か月の間、何所に居たのかと申しますと、
埼玉県は越谷市で暮らしておりました。

越谷市といっても、地元の方以外はピンと来ないかもしれませんが、
埼玉県の南東部(千葉寄り)にある人口約33万人の都市です。

T_dscf2388
【夏の空:さいたま市】

元荒川、中川、綾瀬川、古利根川、新方川(千間堀)、逆川など、
多くの河川が市内を流れていることから、「水郷こしがや」と呼ばれています。

T_t_imgp0367_2
【武蔵国一之宮 氷川神社:さいたま市】

埼玉着任時には、かつての任地でそうしたように、休日にはカメラ片手に市内や県内の名所旧跡を回り、
このブログで紹介しようと思っていたのですが、まったく出来ずに終わってしまいました。

T_imgp0566
【̏のぼうの城˝忍城:行田市】

ここまで読んで、「暮らしておりました」とか、「終わってしまった」って、
どういうこと? 何故に過去形なの?

と思われた方、あなたは鋭い!

T_imgp9782_2
【大宮一番街商店街:さいたま市】

そうです、またまた転勤でございます。

今回は短かったなぁ。
日本では、ケンミンショーの東京一郎に次ぐ頻度ではないか(^^)?

T_dscf2421
【浦和くらしの博物館民家園:さいたま市】

今度の任地は播州。
日本標準時で有名な兵庫県明石市です。

大阪の自宅にはかなり近くなりましたが、
通勤はちょっと厳しいので、単身赴任継続となります。

T_imgp9373
【越谷市民まつり:越谷市】

まあ、思い立ったらすぐ帰宅出来るので、ちょうどいい距離かなぁと思っています。

大阪の自宅を離れて、岡山⇒群馬⇒三重⇒埼玉⇒兵庫と、5箇所目の単身赴任地。

引越しも手馴れたもので、もうチョチョイのチョイ。
25日の入居で、ネットが本日朝には開通しました。(過去最短!)

T_imgp1741
【自室からの月:越谷市】

このブログも、このままでは私の転勤お知らせツールになってしまうので、
今回を機に、もう少し頻度良く更新が出来るように頑張りたいと思っています。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« さらば、勢州! | トップページ | 子午線のまち »

コメント

どちらかといえば良かった転勤?
お疲れ様でした
またの写真報告お待ちしております
四日市 papa3

投稿: papa3 | 2012年9月 1日 (土) 08時35分

papa3さん

ご無沙汰しています。
家族が暮らす自宅に近づいたのは、良かったかなぁ
なんせ、日本中どこに行かされるかわかりませんので^^

もう少しで、子供たちも独り立ちする年齢なので、
それ以降は、どこでも構わないんですけどね。

投稿: papa3 | 2012年9月 2日 (日) 02時09分

yufukiさんの事、忘れてませんよ(^^)
sesamiも出向やら出張で散々、回されております(><)
でも転勤先の素敵な場所とか仕事も頑張って
カメラを持って・・・・
sesamiは即、行動してました。
自宅にも近くなったのが幸いですがyufukiの花!!
見せて下さいね。(ヒマワリの写真、圧巻です)

投稿: sesami | 2012年9月19日 (水) 20時29分

sesamiさん
ご無沙汰しています。
また、ぼちぼち更新してゆきますので、
よろしくお願いします。

記事の「ひまわり」は、撮影地の埼玉県清瀬市主催で行われた
「ひまわり写真コンテスト」で賞を頂いた写真です^^

投稿: yufuki | 2012年9月20日 (木) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87795/46884329

この記事へのトラックバック一覧です: 再び西へ:

« さらば、勢州! | トップページ | 子午線のまち »