« 2010年3月 | トップページ | 2011年4月 »

2010年4月11日 (日)

あの頃のまま

実はこの春、我が家の長女は高校受験を迎えておりました。

結果は、当初の志望校に無事合格。

親としては、また一つ関門を越えることが出来て、ほっと一安心というところです。

そして、今週8日(木)には入学式があり、嫁さんと参加してきました。

長女は「来なくっていい」と申しておりましたが、
私としては、少々嫌がられても是非とも参加したい理由がありました。

実はこの度、娘が入学した学校は私が卒業した学校。

久しぶりに覗いて見たくなり、娘が合格したら一度行ってみようと以前から思っておりました。

T_imgp0538
【桜①】

大学在学中に教育実習でお世話になって以来、27年ぶりに訪れた母校は、
少々の老朽化は否めないものの、校舎や校庭の姿はほとんどが在学当時のままで、
懐かしい記憶がどんどんと蘇ってきました。

私がこの学校の門を初めてくぐったのは昭和54年(1979)のこと。

以下は私の入学式での思い出話です。

T_imgp0569
【桜②】

当時の1学年のクラス数は15、定員は550人で、
現在の9クラス360人の1.5倍以上もの生徒が在籍しておりました。

私が卒業した中学校は、繁華街の真ん中の1学年90人足らずの小規模校だったので、
入学式では、あまりの人の多さに、どこか場違いな場所に放り出されたような気分になったことを、
今もよく覚えています。

T_imgp4296
【母校校庭】

入学式が終了した後、配属先(?)の1年8組に集合。

そこで、早速、担任からクラス委員を選任するとの話がありました。

通常は選挙で決めるが、今回は担任の独断で指名するとのこと。

入学したばかりでお互いの事をまだよく知らないだろうからというのがその理由でした。

T_imgp0552
【馬酔木】

そして指名されたのが、なぜだか私。

私はクラス委員というような柄ではなく、最初は「けっ!何でや!」と思いましたが、
もう一名、女子の代表が指名されると、担任に抗議することもせず喜んで引き受けることに。

理由はお察しの通り、女子代表に指名された女の子を一目で気に入ってしまったからでした。

T_imgp4041
【菜の花】

担任指名のクラス委員の任期は一学期で終了。

しかしながら、その間に彼女との距離を「元クラス委員同士」以上に縮めることは出来ず、
たまたま、同じクラスとなった2年次もあっという間に終わってしまいました。

そして、3年次はクラスが別々になり、話す機会も減る一方・・・

悩める少年は、このままではイカンと一念発起。

初夏の日差しが眩しい校舎の渡り廊下で、死んだつもりの告白タイムとなりました。

T_imgp4294
【母校:校長室前廊下】

彼女の返事は・・・意外とあっさりOK。

その後、二人は無事に高校を卒業し、私は地元の大学、彼女も同じ沿線の短大に進学。

以降も二人の間に大きな波風は立たず、月日は流れ、
運命のクラス委員指名から10年後の平成元年(1989)、25歳の彼女は私と同じ姓になりました。

そして現在、可憐な(に見えた?)少女は、今では我が家の司令塔となり、
そろそろ足が縺れ気味の私に、容赦なく厳しいパスを供給し続けています。

きっと嫁さんも、あの日の貴男はどこに行ってしまったの?と思っていることでしょう。

T_imgp4301
【母校:懐かしの道場】

わが娘は、父親のみならず、母親の後輩にもなったという訳ですが、
どんなOB・OGが身近にいようと、今後、長女がどのような高校生活を送るかは娘次第。

父親の身勝手と承知はしているものの、もうしばらくの間は、
娘の前に私のような輩が現れないコトを祈るばかりです。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

佐保川の桜

先週、4月2日(金)のお話です。

****************************************************************************************

桑名から所要で帰阪の折、奈良市内の佐保川堤防に桜を撮りに行ってきました。

T_t_imgp4198
【佐保川】

『佐保河の小石ふみ渡りぬばたまの 黒馬の来る夜は年にもあらぬか』

と万葉集にも詠われている佐保川の堤防には、沢山の桜の木が植えられています。

T_t_imgp4212
【佐保川堤防】

江戸時代末期に奈良奉行であった川路聖謨(かわじ としあきら)が植樹させたのが始まりだそう。

T_t_imgp4188
【佐保川の桜】

当時の桜は殆どが姿を消し、現存する樹は4本だけになってしまいますが、
その後の地域の方々の植樹で、堤防沿いに約3kmにわたって、
1000本もの立派な桜並木を見ることが出来ます。

T_t_imgp4191
【撮影中】

ここの桜は地元の方以外にはあまり知られていないので、
満開に近いこの時期でも驚くほど人が少ないのでお勧めです。

T_t_imgp4233
【堤防散歩】

私は見たことが無いのですが、義母曰く、夜間のライトアップも素晴らしいとのこと。
お近くの方は、一度行って見られてはいかがでしょうか。

T_t_imgp4262
【佐保川の流れ】

この日は、嫁さんと長女が一緒。

普段は私の撮影に付き合うのを嫌がる二人ですが、この日は珍しく同行してきたので、
お天気がいまひとつだったこともあり、桜写真より家族スナップがメインになってしまいました。

T_t_imgp4275
【奈良市街・三条通】

そして、桜見物の後は・・・

近鉄奈良駅近辺で、長々と洋服の買い物につき合わされ、
彼女達の同行の真の意図を知らされることになりました。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2011年4月 »