« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

神の御座す山

ご無沙汰しています。

これが10月初めての更新になります。

元々が不定期更新で、誰からか咎められる訳でも無いのですが、
更新が月一度も無いのは宜しくないと思い、最終日の滑り込み更新となりました。

*****************************************************************************************

今週の29日(木)、三重県と滋賀県の県境に位置する秀峰・御在所岳に行ってきました。

T_imgp9030
【御在所ロープウェイ】

目的は今年初の紅葉見物。

御在所岳の紅葉は10月中旬から11月初旬にかけて、山頂付近から順に山麓に降りてくるのですが、
HPによると、山頂付近は終わりに近く、山腹は見頃となっていたので、手遅れにならないうちに出かけました。

T_imgp9104_2
【車窓から見下ろす①:御在所中腹付近】

御在所岳は標高1,212m。

南北60kmにおよぶ鈴鹿山脈のほぼ中央に位置する主峰で、
山名の「御在所」とは、「神の御座(おわ)す所」という意味だそうです。

T_imgp9110
【車窓から見下ろす②:御在所中腹付近】

その昔、記紀神話の時代に、垂仁天皇の皇女・倭姫命(やまとひめのみこと)が、
大和国笠縫邑に祀られていた天照大神の神霊を奉じ、新しい鎮座地を求めて伊賀~近江~美濃を巡行した際に、
桑名の野代から亀山へと向かわれる途中、菰野のあたりで仮の屯宮を設けられたました。

T_imgp2187
【御在所ロープウェイ:山頂駅付近】

その後、倭姫命は天照大神の鎮座地を伊勢の五十鈴川の上流(現在の伊勢神宮)に定めますが、
この時の仮の屯宮が「御在所」と呼ばれたことが、山名の由来となりました。

T_imgp9047_2
【三角点:御在所岳山頂】

現在の御在所岳は「神の御座す山」から、「観光の山」へと様変わりしています。

T_imgp9051
【紅葉も終わり:山頂付近】

変化に富んだ登山道が4ルートあり、初心者から上級者まで、各人の技術と体力に応じて楽しむことができ、
巨岩・奇岩と新緑・紅葉・雪模様などの自然が織り成す、四季折々の景観が素晴らしく、多くの登山客を集めています。

T_imgp2104
【山頂付近から中腹を望む】

また、自力で登山せずとも、山上までロープウェイが開通しており、
麓の湯の山温泉駅から山頂駅まで約12分で登ることができます。

昭和39年(1964)のロープウェイの開業以来、山上一帯は公園化が進められ、
麓に湯の山温泉街を抱えていることも相乗して、毎年200万人近い観光客で賑わっています。

T_imgp2089
【奇岩:左「天狗岩」と右「ゆるぎ岩」】

ちなみに、一般的には「御在所岳」と呼ばれることが多いので、
私もそれに習って書いていますが、実は「御在所山」が正式な名称だそう。

国土地理院はでは、山脈や連峰の主峰には「山」と付けるらしく、
実際に国土地理院発行の地図には「御在所山」となっているようです。

T_imgp2111_3
【御在所中腹の巨岩「?」】

登山が全くダメな私は、この日もロープウェイを利用することに。

始発の湯の山温泉駅に到着したのは、AM10:00頃でした。

T_imgp9059
【展望ズポット「望湖台」:晴れた日には琵琶湖が見える(らしい)】

終日\800の駐車場に車を入れ、往復\2,100のチケットを買って乗り場に向かうと、
そこには既に短い列が出来ていました。

T_imgp2182_3
【奇岩「大黒岩」】

しかし、驚いたのはその後。

10分もしない内に私の後ろには大行列が!
観光バスがドンドコやってきて、団体さんが次々並ぶ並ぶ!

幸い待ち時間10分程でゴンドラに乗ることが出来ましたが、
あと少し遅れていたら、1時間は待たなければならないところでした。

T_imgp2135
【一休み:山頂付近】

定員10名の小さなゴンドラで、山頂駅までの所要時間は約12分。

正直、乗る前は「\2,100は高いなぁ」と思っていましたが、
眼下に広がる紅葉の大パノラマを眼にしたとたん、
そんな思いは吹っ飛び、夢中でシャッターを押していました。

ガラス越しの撮影だったので、反射が写りこんでしまったモノが多く、
写真的には失敗作のオンパレードでしたが、御代の価値は十分にあったと思います。

T_imgp2209_2
【湯の山温泉街を流れる三滝川】

その後、山頂付近に点在する展望スポットを数箇所回りましたが、
冒頭に書いたように、山上付近では紅葉も終わりに近く、
また、この日は遠景に靄がかかっていたこともあり、眺望は今ひとつでした。

T_imgp2082
【色づく葉っぱ】

よって今回の御在所岳の紅葉のハイライトは、ロープウェイの車窓。

一般の観光パンフの写真も、殆どがロープウェイから撮ったもの。
自分の足は使わずに楽して登る限りは、これを越す眺めに出会うのは難しいかなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »