« 桑名の山林王 その1 | トップページ | 港と偉人とコンビナート »

2009年8月21日 (金)

桑名の山林王 その2

(前回より続き・・・)

清六の篤志家としての業績の一つに、桑名の私設上水道事業があります。

もともと桑名一帯の井戸水は混入物が多く、飲用には適さなかったことから、
清六は上水道施設を私費で設置し、一般には無償で開放。

それとともに30ヵ所以上に消火栓を設けました。

T_imgp7492
【「六華苑」:円筒塔屋内部】

このような設備は、当時の大都市を除いては稀なものであり、
全国で7番目の早さであったと云われています。

清六の死後、水道設備は遺志により桑名町(当時)に寄附され、
現在も煉瓦造の小野山貯水池などが、市指定文化財の指定を受け保存されています。

T_imgp7459
【「六華苑」:洋館内部①】

また、清六は木曽三川河口地域の排水事業にも大きく貢献しました。

清六の生まれ故郷・加路戸新田は木曽三川の最下流部にあり、大河の寄洲を開発した農村地帯でした。

当時の加路戸新田は、農業用水を木曽川やその支流から引き込み、排水は自然排水に頼ってていましたが、
明治24年(1981)の濃尾大地震により地盤が陥没したため、自然排水が著しく困難となってしまいました。

T_imgp7491
【「六華苑」:洋館内部②】

こうした窮状を打開するために、排水機の導入を提唱したのが清六です。

地震の影響で良田は冠水田と化し、そこで悪水を人力でかい出している村人達の苦労を見て、
清六は排水対策が急務であると感じとっていました。

そんな時、動力ポンプが用水にも悪水排除にも同じ効果を発揮するのだと聞き、
明治36年(1903)、早速、伊曽島村(現・長島町)に遠心動力の排水機を設置します。

T_imgp9809
【「六華苑」:洋館内部③】

そこで動力ポンプの効果を実感した清六は、翌年から次々と排水機を導入。

明治37年(1904)には、木曽岬村(現・木曽岬町)・長島村(現・長島町)・七取村(現・多度町)
明治38年(1905)には、城南村(現・桑名市城南)に、2年間で4ヶ村が救われました。

明治38年(1905)の明治天皇行幸の際の桑名郡役所による調査報告「諸戸清六ノ経歴並びに事業譚」を見ると、
清六の地域貢献の第一には排水事業が挙げられ、それに続いて上水道事業、植林事業が挙げられています。

T_imgp7483
【「六華苑」:洋館バルコニー】

この報告書を見れば、排水機導入による効果は甚大であったことが解ります。

排水機導入により二毛作が可能になったことから、収穫高は飛躍的な向上を遂げた記されており、
導入前は一反あたり60kg程度であった収穫高は、導入後はなんと5倍の300Kgに増加しています。

T_imgp7467
【「六華苑」:和館座敷①】

明治天皇行幸の翌年、明治39年(1906)の11月、桑名の巨星・諸戸清六はこの世を去ります。

清六には四男六女の子供がいましたが、長男と三男がともに早世したため、
清六の没後、次男・精太が初代の家屋敷を継承し、清六の名は四男・清吾が襲名します。

T_imgp7470
【「六華苑」:和館廊下】

現在、次男・精太の係累は諸戸宗家(西諸戸家)、四男・清吾改め清六の係累は諸戸本家(東諸戸家)と称され、
宗家は諸戸林業・諸戸商会・諸戸タオル・諸戸土地・日本みどり開発など、
本家は諸戸林産・諸戸緑化産業・諸戸産業・諸戸造林などの企業群を運営し、
林業や不動産業を中心とする「諸戸グループ」を形成しています。

諸戸宗家・本家の両家を合わせると、諸戸一族が所有する山林は今でも巻間一万町歩といわれ、
その財力や資産は数えることができない程の山持ちであります。

T_imgp7438
【「六華苑」:和館座敷②】

平成19年(2007)、諸戸林産は、所有の森林約1600haをトヨタ自動車に売却しました。
トヨタ自動車の購入目的は、「社会貢献活動ならびに林業事業を通じた国内の森林再生モデルの構築」。

トヨタ自動車は日本の国益を守る日本の企業であると信じていますが、
水源地である日本の森林が外国資本に買い占められてしまうようなことがないよう、
偉人・諸戸清六の御子孫にはお願いしたいと思います。

T_imgp2338
【「六華苑」:和館の壁面燈】

本日の写真の「六華苑」は二代目清六の別邸跡、「諸戸氏庭園」は次男・精太が受け継い初代清六の本宅跡。
敷地は隣接していますが施設の運営は別個で、入場料も別個に要ります(笑)

T_imgp7510_2
【「六華苑」:表門】

まず、「六華苑」のほうですが、平成2年(1990)に諸戸家より桑名市が建物の寄贈を受けた後、
旧自治省の「地域づくり推進事業」によって修復・整備が施され、平成5年(1993)から一般公開されています。

T_imgp7435_2
【「六華苑」:本邸】

本館建築物は、和洋の様式が調和した瀟洒な建物。
明治・大正期を代表する貴重な文化遺産であり、桑名市指定文化財となっています。

当時の洋風住宅に和館が併設される例は全国に数多く残っていますが、
和館と洋館は別棟として建てられるか、洋館の一部を和室とする場合が一般的です。

これに対して「六華苑」の旧諸戸邸は、広い敷地が有るにもかかわらず、
洋館と和館とが棟続きで併設されているという特徴をもっています。

T_imgp2355_2
【「六華苑」:洋館円筒塔屋】

設計は鹿鳴館やニコライ堂で名高い英国人建築家ジョサイア・コンドル。

洋館部分は北東隅の四層の円筒状の塔屋と南側の庭園に面した大きなベランダが特徴。

明るく軽快なコロニアルスタイルのいかにも洋館らしい洋館に、
瓦葺の入母屋が続く姿は、他の和洋折衷建築とは一味違った美しさが感じられました。

T_imgp7418
【「諸戸氏庭園」:庭園池からみた本邸】

もう一方の「諸戸氏庭園」は、平成14年(2002)に設立された財団法人諸戸会が修復・整備、
翌、平成15年(2003)春より一般公開されています。

「諸戸氏庭園」の歴史は古く、元々は尾張織田家の家臣だった矢部家の館跡。
室町時代には「江の奥殿」と呼ばれていました。

当時の様子は魯縞庵義道の「久波奈(くわな)名所絵図」 に詳しく描かれており、
書院や推敲亭がその当時からあった事が窺えます。

T_img_5142
【「諸戸氏庭園」:庭園の燈篭】

江戸中期、貞享3年(1686)には、桑名藩御用商人・山田彦左衛門が下屋敷としてこれを購入。
その後、明治17年(1884)になって、初代諸戸清六の手に移り、御殿と池庭が付け加えられました。

以降、次男精太の代に更に手が加えられ、今日に至っています。

T_img_5143
【「諸戸氏庭園」:煉瓦倉庫】

敷地内には、国の名勝に指定された庭園をはじめ、本邸・大門・御殿前玄関・御殿・洋館・玉突場など、
国の重要文化財6棟をはじめとする貴重な建築群が保存されています。

公開は春と秋の年2回。

平成21年(2009)春の一般公開は、6月30日で終了していますが、
秋には紅葉が見事だそうで、今から再訪が楽しみです。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください

|

« 桑名の山林王 その1 | トップページ | 港と偉人とコンビナート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桑名の山林王 その2:

« 桑名の山林王 その1 | トップページ | 港と偉人とコンビナート »