« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月16日 (月)

さらば、上毛の国!

息子の大学合格発表があった10日に、実はもう一つ大きな事件がありました。

T_imgp3027
【草津白根山・湯釜】

嫁さんと息子と私、3人で肩叩き合って、
「やったね!」「良かったね~」と喜び合っているところへ、
私の携帯に一本の電話がかかってきました。

液晶を見ると、勤める会社の人事部から。

T_imgp4307
【草津温泉・湯棚】

「何やろ?休みの日に・・・」と思いながら電話に出ると、

担当者:「yufukiさん、今、大阪ですよね? 明日本社に来てもらえますか?」
私:「何で? 明日も休みを取ってるので、用件を言ってよ。」
担当者:「電話ではお伝えできないことです・・・」
私:「エーッ!それってひょっとして~~て・ん・き・ん~~」

T_imgp3856
【八幡塚古墳】

次の日、本社に行ってみると、案の定、転勤の内示がありました。

前任地の岡山から、現任地の群馬に来てまだ1年半。
我が社の転勤サイクルの標準は2~3年。

あと半年は無いと思っていたので、不意を突かれてしまいました。

T_imgp3181
【白衣大観音】

もうすぐ、春の真っ盛り。

昨春行けなかった、北関東の桜の名所をリストアップして、
「春よ来い♪早く来い♪」と、心待ちにしていたのに。

T_imgp5353
【伊香保神社】

とはいえ、社命には逆らえないのがサラリーマンでございます。

少々心残りではありますが、次なる任地でも桜の名所は必ずあるはず。
そこで、撮りまくるしかありません。

T_imgp5503
【雪を戴く浅間山】

これから少しの間は、転勤・転居のドタバタが続きますが、
単身赴任にも馴れましたので、早く落ち着けると思います。

T_imgp6263
【桜咲く赤城山】

また、新天地で撮った写真は追々アップしてゆきますので、
その時はよろしくお願いします。

T_imgp8080
【青葉繁る妙義山】

本当に短い間でしたが、群馬でもイイ思い出が沢山できました。

雄々しく聳える赤城・榛名・妙義の上毛三山。
滾々と湧き続ける草津・伊香保・四万のお湯。
古の暮らしを今に伝える旧跡・遺跡・古墳の数々。

T_imgp8556
【紅葉の榛名湖】

岡山を去るときも、同じように思いましたが、
住めば都とはよく言ったもので、来る前の印象以上に素晴らしい所でした。

T_imgp8729
【晩秋の四万川】

お仕舞に、当地に来て出逢った沢山の方々に感謝の意を表して、
次なる任地へ向いたいと思います。

さらば上毛の国!思い出を有り難う!

※ちなみに、次に赴く先は中京地方で、今月の末には着任します。
 ホームタウン大阪に少しは近づきますが、単身赴任は継続です。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

親バカの記

本日は親バカ日記です。

T_print0021
【長男1歳半頃(と思う):大阪市旭区の淀川河川敷で。】

3月10日(火)は、国立大学の合格発表の日。

我が家の長男が、昨年は涙を飲んだ京都大学の入試に再挑戦していたので、
この日は仕事はお休みして、帰阪しておりました。

結果は見事に合格!

京都の発表会場には行かず、自宅PCでのネット確認であったのですが、
息子の番号を発見した瞬間は、モニターの前で奇声をあげて喜びに浸りました。

思えば、学習塾に通う事もなく、小・中・高と公立学校で過ごした息子に、
親が掛けた教育投資といえば、一年の浪人期間に払った予備校費用ぐらいのもの。

また、全くと言って良いほどの病気知らずで、
小学校6年間の欠席日数は1日だけで、中・高は皆勤賞、
歯医者にすら通った事がない程の健康体でありました。

何とも安上がりで、手のかからなかった息子に、
親バカとは思いますが、「よくやった!」と目一杯の称賛を送り、
今後の彼の大学生活が実りあるものとなるよう、心から祈りたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

花三昧

先月の27日(金)の事。
写真サークル「お散歩ネット」のお仲間のT氏から、
突然、携帯にメールがありました。

内容は「節分草を撮りに行きませんか?」とのお誘いで、
予定日は4日後の3月2日(月)。

幸いにも仕事の方は大した予定が無かったので、
急遽お休みを振り替えて御一緒させていただきました。

T_imgp2014_3
【春の妖精・節分草②】

JR八高線の寄居駅までT氏に迎えに来ていただき、
向った先は埼玉県秩父郡小鹿野町両神の堂上地区。

T_imgp1939
【春の妖精・節分草②】

節分草なるものの知識が全く無かったのですが、
ネットの植物図鑑で調べたところ、

『キンポウゲ科の球根植物で、本州の関東地方以西に分布。
高さ10センチほどの小さな多年生草本で、
2月から3月初ごろ直径1cmほどの花を咲かせる。
山地のブナ林など、落葉広葉樹林の林床に生え、
石灰岩地を好む傾向がある。』

とあり、図鑑の写真を見てみると、なんとも愛くるしい白い花。

T_r0011134
【春の妖精・節分草③】

小鹿野町は「町の花」として節分草の自生保護に力を入れているらしく、
堂上地区の自生地は日本一の規模だそうで、初めて見る「春の妖精」に期待は膨らむばかりでした。

T_imgp1999
【春の妖精・節分草④】

寄居駅から1時間弱、9:30過ぎに堂上地区自生地「節分草園地」に到着しましたが、
もう、駐車スペースには車がイッパイ。

入園料300円を支払って園地の中に入ると、多くの方々が既に撮影をされていました。

T_imgp1980
【春の妖精・節分草⑤】

結構な人出で、「世はやはり、写真ブームやなぁ」と妙に納得してしまいました。

節分草の方はというとほぼ満開状態で、ちょうど見頃の時期だったと思います。
お天気もよく、2時間程の間、たっぷり春の妖精と遊んでいただきました。

T_imgp9613
【宝登山ロープウエイ山頂駅】

次なる目的地は、長瀞町の宝登山(標高497m)にある梅園「梅百花園」。

途中、道の駅「龍勢会館」で食事を済ませた後、
13:00前に宝登山ロープウエィの山麓駅に到着しました。

T_imgp2039
【宝登山頂付近からの眺望】

秩父鉄道㈱が運営するこのロープウエイは、山頂駅までの距離832m(標高差236m)を約5分で結んでおり、
「もんきー号」と「ばんび号」という2台のゴンドラが、つるべ式に山麓駅と山頂駅を交互に行き交っています。

T_imgp2036_2
【梅百花園の梅①】

「梅百花園」は、山頂駅のすぐ目の前。

T_imgp9576
【梅百花園の梅②】

ここには、約170種・約470本の梅の木が植えられていて、
日本一品種数が多い梅園だそうです。

T_imgp2043
【梅百花園の梅③】

梅の木のそれぞれには、品種の名前が書かれた札が下げられていましたが、
いつながら、写真を撮りながら品種名を控えておくということが出来ないので、
どの写真が何という品種かはサッパリわかりません。

T_imgp2034
【梅百花園の梅④】

ここでは、約1半時間ほど撮影。
見頃というには少し早すぎたようですが、山頂からの眺望と早春の陽光を十分楽しみました。

T_imgp2030
【梅百花園の梅⑤】

ロープウエイを降りT氏の車に戻ったのが、未だ14:00を回ったところ。

まだ時間があるということで、
皆野町にあるムクゲ自然公園に連れて行って頂く事になりました。

T_imgp2116
【秩父紅①】

ムクゲ自然公園は、一つの小山をすっぽりと植物園にしたような自然公園で、
その名のとおり、夏には10万本のムクゲの花が咲くことで知られているとの事。

また、ムクゲの他にもツツジやアジサイ、
南山スミレなどが四季折々に楽しめるそうです。

T_imgp2059
【秩父紅②】

この日のお目当ては、幻の福寿草といわれる「秩父紅(ちちぶべに)」。

T_imgp2110
【秩父紅③】

従来種よりも赤みが強いこの品種は秩父地方の特産で、
約100年前に発見された突然変異株を増やしていったものだそうです。

T_imgp2069
【福寿草・在来種①】

入園料500円はちょいと高めですが、帰りにはお茶や甘酒のサービスもあり、
これからの季節、また訪れたい公園でありました。

T_imgp2068_2
【福寿草・在来種②】

撮影終了後、T氏に寄居駅まで送っていただき、
帰路に着いたのが17:00頃。

花撮り三昧の一日でした。

T_r0011171
【JR寄居駅】

丸一日、運転と案内役をしていただいたT氏、本当に有り難うございました。
また、誘っていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »