« 青葉若葉の日の光 | トップページ | 鎌倉倒幕の英雄 その1 »

2008年8月23日 (土)

光と影~「関東の奥座敷」

(前回からの続き)

さらば日光、また来るまでは。

時間もまだ早く、まだまだ見たい場所が山ほどありましたが、
娘達の厳しい視線に耐え切れず、当日の宿泊地である鬼怒川温泉街に車を走らせました。

************************************************************************************************

鬼怒川温泉は、栃木県の中央部を北から南に流れる鬼怒川の上流部にあり、
美しい渓谷の両岸沿いに大型の旅館・ホテルが立ち並んでいます。

T_imgp7697
【鬼怒川温泉街:西岸側】

温泉の起源は意外と新しく、元禄4年(1691)。
地元の村人が鬼怒川の西岸にお湯が湧き出しているのを偶然に発見したのが始まりです。

ところが、当地は日光の寺社領であったため、日光奉行と村人の所有権争いの末、
宝暦元年(1751)、ついに日光奉行に没収されてしまいます。

そのため、一般庶民の入湯は制限されることになり、
日光詣帰りの諸大名や僧侶達のみが利用可能な温泉となっていました。

T_imgp7692
【鬼怒川温泉街:東岸側】

一般庶民に再び解放されるようになるのは明治時代になってからですが、
まだ規模が小さく、当時の村の名前から「滝温泉」と呼ばれていました。

明治2年(1869)には、鬼怒川東岸にも「藤原温泉」が湧出し、温泉の規模が拡大。
その後の大正3年(1914)になると、上流に下滝発電所(現在の鬼怒川発電所)が完成します。

ダムの完成により鬼怒川の水位が低下すると、新しい源泉が川底から次々と発見され、
従来の滝温泉と藤原温泉とを合わせて鬼怒川温泉と呼ばれるようになりました。

T_imgp7700_2
【温泉のマスコット・鬼怒太君の階段】

大正4年(1915)には、発電所工事の為に敷設された藤原軌道を基に下野軌道が開通。
これを期に、鬼怒川温泉は急速に発展してゆきます。

昭和4年(1929)になると、下野軌道と関係が深かった東武鉄道によって日光線が開通。
続いて昭和10年(1935)には、東武浅草駅から直通便の乗入れが開始されます。

こうして鬼怒川温泉は「関東の奥座敷」の地位を確立、一大歓楽温泉街へと変貌してゆきました。

戦後になると、旅館・ホテルの大型化が積極的に進められ、
関東一円はもとより、全国から多くの観光客が押し寄せるようになり、
平成5年(1993)のピーク時には宿泊客数が年間341万人に達しました。

T_imgp8503
【鬼怒太君の像】

そして、バブル崩壊。

大型投資を続けてきた全国の大規模温泉旅館・ホテルはその影響をモロに受けることになり、
ここまで順調に発展してきた鬼怒川温泉街も例外ではありませんでした。

鬼怒川温泉の旅館・ホテルに経営支援を行ってきた地元・足利銀行の経営破綻により、
大多数の旅館・ホテルで資金繰りが悪化し、倒産・廃業に追い込まれるケースも多々発生しました。

T_imgp8479
【ラフティング出発前】

また、顧客ニーズの面から見ても、旅館・ホテルの大型化はバブル以前は武器となりましたが、
今の温泉ファンが求めるものは「温泉街の風情」であり、大型化がかえって仇となってしまっています。

かつては鬼怒川温泉の旧温泉街地区には賑わいのある商店街が形成されていたようですが、
宿泊施設の大型化の過程で商店がインショップ化されたり、
温泉街自体の南北への拡大によって拡散してしまい、温泉街の風情は失われてしまったようです。

T_imgp8473
【鬼怒川ラインくだり船頭さん】

その結果、「鬼怒川温泉の弱点は?」というアンケートに対する回答を見ると、
宿泊客と旅館・ホテルの経営者の間で一致しており、
「風情に欠ける」「活気が無い」がどちらも上位を占めています。

風光明媚だが、風情に欠ける温泉街では、興味をそそる被写体も少なく、
このブログの写真も選ぶのにも苦労しました。

T_imgp8468
【鬼怒川ラインくだり】

暗いお話になってしまいましたが、名湯・鬼怒川の再生に向けて、明るい話題もあります。

平成18年(2006)、JRの新宿駅~池袋駅~大宮駅~鬼怒川温泉駅間で、
特急「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」の直通運転が開始されました。

それまでは、同じ東京近郊立地の温泉地、ライバルの箱根温泉に比べると、
アクセスがやや不利で、集客にハンディがありましたが、
JR直通特急の乗り入れで一気に解消されました。

前述のアンケートへの回答を見ると、旅館・ホテルの経営者さん達も、
顧客が何を求めているかを十分理解されているようなので、
今後、新しい観光資源開発や「風情」復活への取り組みがなされてゆくことを期待します。

T_imgp8489
【軽妙トークの船頭さん】

一方、同行の我が家の女性陣達は、そんなことはお構いなしの様子。

この日お世話になった「鬼怒川御苑」さんのお風呂と料理を満喫。

鬼怒川ライン下りの船上では、船頭さんの軽妙なガイドに大笑いし、
水しぶきが降りかかる急所では、屈託のない黄色い歓声を上げていました。

T_imgp7695
【当日宿:鬼怒川御苑】

日光観光では少々お疲れ気味ではありましたが、
今回の小旅行、そこそこ楽しんでくれたのではないかと思っています。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 青葉若葉の日の光 | トップページ | 鎌倉倒幕の英雄 その1 »

コメント

おはようございます、鬼怒川温泉には行ったことが無いのです。
やっぱりあの「大型ホテル」というのがなんとなく嫌で(笑)
でもこれからはどんどん変わっていくのでしょう、その変化を楽しみにしています♪
鬼怒川下りはいちど行きたいと思っていたのですよ!
夏は涼しそうでいいですね~奥様お嬢様さぞお喜びになられたことでしょう。

投稿: きょんち | 2008年8月24日 (日) 08時01分

こんにちは

私の住む伊豆でも同じような傾向なようです。
大規模な温泉ホテルを多く抱えた熱海温泉などはまったく同じような状態でご存じのとおりです。

一方バブルの時期、地味に見えた修善寺温泉などは結果的に温泉情緒を残すことができ今は成功しているようです。

長い目で先を見つめるというのは難しいものですね。

しかし、ご家族でご旅行を満喫できたようで何よりでしたね。

投稿: ホリ | 2008年8月24日 (日) 20時50分

きょんちさん
鬼怒川温泉は、ホテル・旅館はあっても温泉街がありません。
周りの自然は素晴らしいですが、街自体は全くもって殺風景でした。

鬼怒川くだりの船頭さんのガイドは想像以上に面白く、
TVに出ている若手芸人なんかより、数倍話術が巧みです。

一度お試しいただいても、損は無いかと思います。

投稿: yufuki | 2008年8月25日 (月) 19時18分

ホリさん
静岡も温泉どころでしたね。
私も静岡県内で考えると
熱海や伊東より修善寺に行きたいと思います。
温泉街の魅力がなければ、ハコモノだけでは選ばなくなっていますね。

投稿: yufuki | 2008年8月25日 (月) 19時26分

こんにちは、初めまして。
何気なく写真を拝見してからプロフを見ていたら、いや~びっくりしました。
生年月日が私と同じ!
同じ年の同じ日に生まれた方のブログに
何気に辿り着くのも不思議な気がして
一言コメント入れていくことにしました。
私も最近はデジカメが趣味なんです。
これからも素敵な写真いっぱい撮ってくださいね。(^-^)

投稿: 葉っぱ | 2008年8月28日 (木) 11時35分

はっぱさん
お立ち寄り有難うございます。
レスが遅れてスイマセン。

生年月日が全くおなじ!!
沢山いるとは思いますが、なかなかめぐり合いませんよね。
お互い、人生半場。
この先楽しく頑張りましょう。

投稿: yufuki | 2008年9月 4日 (木) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光と影~「関東の奥座敷」:

» カルナバイオ【4572】、オエノンHD【2533】売りました♪ 本日135,600円の利益です☆ [株式投資でミリオネーゼ]
今日は、福田首相辞任などのニュースなどもあり大きく揺さぶられる相場になりましたね 私は、ツいてるのか、損切りすることなく、大きくプラスになりました 本日のスナイパートレードさん のところを参考にした取引結果です ■カルナバイオサイエンス【4572】 8月27日 52,300円 8株買い   9月2日 58,100円 売り プラス46,400�... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 20時16分

« 青葉若葉の日の光 | トップページ | 鎌倉倒幕の英雄 その1 »