« 近代登山発祥の地 | トップページ | 青葉若葉の日の光 »

2008年8月 2日 (土)

県中央の象徴

前橋市と高崎市は同じ群馬県下の隣接市同士ですが、
行政レベル・市民レベルで、お互いに対抗意識が強く、
いわゆるライバル関係にあることはよく知られています。

県庁所在地があり、国や県の行政庁が立ち並ぶ前橋市は「行政の前橋」。
新幹線駅があり、駅前に商業集積が発達している高崎市は「商業の高崎」。

今では、こう呼ぶことに異義がある人は少ないと思いますが、
以前にこのブログでも書いたことがあるように、
もともと、明治4年(1871)の廃藩置県時には県庁は高崎に置かれていました。

T__20
【臨江閣別館①】

当初の県庁が置かれた高崎城址周辺は、明治6年(1873)の徴兵令制定に伴い陸軍の直轄地とされ、
そこに鎮台の分営が置かれることになったため、県庁は押し出されるように前橋に移転してしまいました。

その後の明治9年(1876)には、それまで栃木県管轄だった山田郡・新田郡・邑楽郡が群馬県に移管、
第2次群馬県がスタートしますが、それを期に県庁は再び高崎に戻ってきます。

T__23
【臨江閣別館②】

しかし、どうも県庁舎がイマイチだったようで、
その間に、着々と奪還計画を進めていた前橋が再度、県庁の誘致に成功。

県庁を奪われた高崎市民は、怒りの抗議運動・再奪還運動を展開しますが、
実ることなく、廃藩置県から10年、明治14年(1881)の太政官布告で前橋が県庁所在地に確定しました。

T__1
【臨江閣別館③】

そして、3年後の明治17年(1884)、当時の群馬県令・揖取素彦(かとりもとひこ)の提言により、
前橋に県庁所在地にふさわしい迎賓館が建てられることになります。

それが、本日ご紹介する臨江閣です。

T__2
【臨江閣本館一回廊下】

臨江閣は、今も前橋市大手前3丁目(前橋公園内)で保存・一般公開されており、
全体は本館・別館・茶室から成り、本館と茶室は県指定、別館は市指定の重要文化財となっています。

西側の小さい方の建物が本館で、東側の大きな建物が別館、茶室は本館の西側にあります。

本館建設のきっかけは、先述したように楫取素彦の提言であり、
それに応えた形で、後の初代前橋市長・下村善太郎ら、多くの市内有志の協力と募金で建設されました。

T__3
【臨江閣本館1階一の間】

利根川の流れを手前に、そしてその奥に妙義・浅間の山々を望む絶好の地。
敷地のほぼ中央に本館が建てられ、どの部屋からも美しい景色が眺められるように工夫されています。

T__9
【別館より見た本館への渡り廊下】

建築様式は木造二階建・入母屋造り、瓦葺き屋根で、和風木造建築の分類では数寄屋建築に含まれるもの。
建設当初は雨戸だけで、写真にあるガラス戸はなく、電灯もついていませんでした。

T__17
【臨江閣本館2階次の間】

その後、明治26年(1893)の明治天皇の行幸に先立ち、一部改築が加えられ、
さらに、明治43年(1910)の「一府十四県連合共進会」の貴賓館として別館が建てられた際にも再度改築、
本館~別館の渡り廊下も付設され、ほぼ現在の形になりました。

T__18
【御座所の簾】

本館2階の奥座敷は、明治天皇が行幸の折に休まれた御座所(ござしょ)。
明治35年と明治41年には、当時まだ皇太子であった大正天皇もご滞在されました。

T__5
【御座所床の間】

その場所に、実際上がらせていただき、おまけに写真まで。
時の積み重なりを撮影したような、貴重な体験をさせていただきました。

T__10
【臨江閣別館2階大広間】

別館は、木造の書院風建築です。
一階に洋間、二階には180畳敷の大広間があり、共進会貴賓館の当時は大宴会場として利用されました。

T__11
【臨江閣別館1階座敷】

その後、前橋市が譲り受けてからは、近県にもまれな大公会堂として利用され、
前橋を代表する詩人・萩原朔太郎の結婚披露宴などもここで行われました。

T__7
【臨江閣別館1階廊下】

第二次大戦中には、前橋空襲で市役所が焼けてしまった為、
一時、市役所庁舎になったこともあるようですが、
戦後になるまでは、庶民が気軽に出入り出来るような建物ではなかったようです。

T__8
【臨江閣別館階段】

茶室は、本館より2か月遅れで完成。
木造平屋建ての瓦葺き屋根の建物は、楫取県令以下、県庁の職員が資金を出し合って建設されたそうです。
(今回は、残念ながら茶室の中は見ることが出来ませんでした。)

T__22
【臨江閣別館1階廊下】

他にも、茶室前には美しく手入れされた日本庭園が広がり、
本館内部には、貴重な資料とともに前橋の歴史を解かり易く解説した展示などもあり、
見所いっぱいで、かなり長居してしまいました。

T__14
【臨江閣茶室】

臨江閣の前の道は、車で何度か通りかかったことはありましたが、
建物の中に入ったのは今回が初めて。

なんと、驚いたことに、建物や立派な日本庭園も含めて全てが入場無料!
あまりの太っ腹に、最初はビックリしました。

T__21>
【臨江閣別館④】

この臨江閣がある前橋公園は14.6haと広大で、よく整備されているし、
ここからすぐ(車で5分)の所には、36.6haの広さを有する敷島公園もあります。

高崎市街には、城址公園や高崎公園がありますが、どちらも規模は小さく、
中心市街地の公園の充実度対決では、高崎よりも前橋に軍配が上がるようです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 近代登山発祥の地 | トップページ | 青葉若葉の日の光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県中央の象徴:

« 近代登山発祥の地 | トップページ | 青葉若葉の日の光 »