« 昆虫たちの森 | トップページ | 県中央の象徴 »

2008年7月26日 (土)

近代登山発祥の地

妙義山は、赤城山・榛名山と共に上毛三山と称され、群馬県を象徴する山の一つです。 

しかし、ここも赤城山と同じく「妙義山」という名の頂は存在せず、
山体全部を総称して妙義山と呼ばれています。

実際は、白雲山(1,104m)・金洞山(1,073m)・金鶏山(856m)の三峰からなる「表妙義」と、
烏帽子岩(1,117m)・谷急山(1,162m)から成る「裏妙義」に分かれており、
このうち、奇岩群が林立する「表妙義」が県立妙義公園となっています。

T_imgp7321
【表妙義の山々①】

妙義山の基盤は約2,000万年前(新生代第3紀中新世)に海底で堆積したもので、
やがて海底火山の爆発に伴い、それが海面上に隆起。

約1,000万年前から再び活発になった火山活動による火山性堆積物で山体が作られました。

T_imgp7349
【表妙義の山々②】

以来、永年にわたる風化・浸食によって岩石の硬い部分だけが残り、
今日見られるような奇岩巨岩の山容となりました。

T_imgp7351
【表妙義の山々③】

奇岩がゴツゴツと露出した急峻で荒々しい山容は、
四国小豆島の寒霞渓、九州大分県の耶馬渓と並んで日本三大奇勝とも称されています。

T_imgp8080
【表妙義の山々④】

また、明治44年(1911)にイギリス人の登山家ウオルター・ウエストン卿が、
ザイルを使いながら岩山を登る技術を、妙義の案内人であった根本清蔵氏に初めて教えたことから、
この地は日本の近代登山発祥の地とされています。

自然が造形した石門(第1石門~第4石門)やロウソク岩・大砲岩・筆頭岩・ユルギ岩など、
数多くの奇岩群を眺望できる金洞山は国内屈指の山岳美と讃えられ、
今日でも多くの登山愛好家に親しまれています。

T_imgp7319_2
【表妙義の山々⑤】

山に慣れた人にとっては、登山というよりハイキング程度の「石門めぐりコース」でも、
シロウトの私にとってはかなりの難易度であり、とても一人で登るのは無理そう。

T_imgp7366
【帰路:荒船ダム】

高所が苦手な人や自信のない人のために、危険が無く楽に巡れる巻き道も用意されているそうですが、
怪我をしては洒落にならないので、下からの写真だけにしておきました。

T_imgp7373
【帰路:不通渓谷】

その石門めぐりコースの起点になっているのが金洞山中腹にある中之嶽神社。

この神社は寿永元年(1182)、欽明天皇の時代に創建された古社で、
主祭神は日本武尊とされています。

T_imgp7324
【中之嶽神社参道石段】

金洞山(別名:中之嶽)の岩峰を見なが赤い鳥居をくぐると、
すぐ左手に石鳥居と急な苔むした石段が現れます。

T_imgp7328
【中之嶽神社拝殿】

鬱蒼とした杉木立の中、石段を登りきると中之嶽神社の拝殿と御神体が見えてきます。

ここには神殿はなく、拝殿裏に聳える巨岩「轟岩」そのものが御神体でした。

T_imgp7331
【鎮座750年の碑】

拝殿自体は明治期に再建されたものですが、巨岩と巨木によく調和して、
日本武尊が登ったと伝えられる山岳霊場の趣をとどめていました。

T_imgp8075
【境内:杉の大木】

一方、中之嶽神社本殿に向かう石段の左手には、大黒天を祀る前社「大国神社」もあり、
こちらも嵯峨天皇の勅命により、弘仁9年(819)に大納言藤原冬嗣卿と弘法大師が登岳し、
出雲大社の分社として関東の霊域に奉斉されたと伝えられている由緒ある神社です。

T_imgp7325
【大黒神社拝殿】

その、由緒正しき神社が平成17年(2005)に建立したのが「日本一の大黒様」。

T_imgp8062
【日本一の大黒様①】

その大きさは、高さ20m・重さ8.5tというデカさ。
おまけに金ぴかで、何故か定番の打ち出の小槌ではなく剣を持っています。

T_imgp8063
【日本一の大黒様②】

誤解を恐れずに言うならば、この大黒様はKY。
はっきり行って浮いてました。

霊山妙義の雰囲気に相応しいかというと、ちょっと首をひねりたくなりますね。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 昆虫たちの森 | トップページ | 県中央の象徴 »

コメント

こんにちは!!
鬱蒼とした木立に囲まれてひっそりと佇む大黒神社拝殿、由緒ある古社の雰囲気がよく出ていて、いい写真だなぁと思いながら拝見しました。
金ぴかの大黒様は確かにKYかもしれませんね。でも、千年後の人々はどう評価するのだろうなどと考えていると、何だか楽しくなって来たりもします。

投稿: kazuo | 2008年7月29日 (火) 22時57分

kazuoさん
>でも、千年後の人々はどう評価するのだろうなどと考えていると、
>何だか楽しくなって来たりもします。

確かに仰るとおりですね。

今でこそ街にはなくてはならない物でも、
出来た当初は何じゃこりゃという建物が結構あったりしますから。
ひょっとすると、鎌倉の大仏なんかは、当時KYだったかもしれませんね

投稿: yufuki | 2008年8月 2日 (土) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近代登山発祥の地:

« 昆虫たちの森 | トップページ | 県中央の象徴 »