« 尾曳の城 | トップページ | 喧嘩の後でお参りを »

2008年6月24日 (火)

古代からの日帰り旅行

またまた、大阪のお話です。

本日ご案内するのは、大阪城の南隣にある大阪歴史博物館。

ここは、古代から現代に至る大阪の歴史的空間を再現した、地下3階・地上13階の大博物館です。

前身は、大阪城公園内の旧陸軍第四師団司令部跡を利用していた大阪市立博物館で、
平成13年(2001)に現在地に移設され、大阪歴史博物館として再スタートしています。

T_imgp6950
【大阪歴史博物館】

当地周辺(上町台地北部)は、古代には難波宮(※1)、中世には石山本願寺、近世には大坂城と、
その当時においては、政治的・宗教的に最も重要な施設が建てられていた場所。

また、近代~現代においても、行政庁舎やオフィスビルが立ち並ぶ大阪のビジネスの中心街となっており、
1300年以上に渡って、繁栄の歴史を積み重ねてきました。

T_imgp7498_2
【難波宮大極殿の官吏:10F古代ゾーン】

大阪歴史博物館の常設展示は、その歴史の積み重なりを体感できる造りになっており、
その時代の人々の暮らしや風俗が、ミニチュア模型や等身大の人形などで見事に再現されています。

T_imgp6857
【難波宮大極殿の官女:10F古代ゾーン】

1F受付で入場料\600を支払うと、まずはエレベーターで一気に10Fへ。

そこには、難波宮の大極殿が再現されていました。
等身大の官吏や女官の人形は実にリアルで、タイムスリップの気分が味わえます。

T_imgp6861_2
【難波宮大極殿の官吏:10F古代ゾーン】

このフロアの見所は、虚像と実像を織り交ぜたスケールの大きな演出。

T_imgp6876_2
【難波宮大極殿のCG:10F古代ゾーン】

まず、頭上の大きなスクリーンに、大極殿での儀式が音響とCG映像により再現され、
それが終わると、スクリーン下の窓ガラスを覆っていたシャッターが静かに巻き上がります。

T_imgp6864
【難波宮跡公園:10F古代ゾーン】

薄暗いフロアに一気に陽が差し込むと、眼下には大阪の街の大パノラマが現れ、
その真ん中に、CG映像の儀式が行われていたであろう難波宮(難波宮跡公園)が現れるという仕掛け。

T_imgp7465
【難波宮大極殿の官吏:10F古代ゾーン】

その他にも、難波宮を再現した模型や当地で発掘された貴重な埋蔵物やなどが数多く展示されており、
一つ一つをざっと見るだけでも、かなりの時間を要しました。

T_imgp6858
【難波宮出土物展示:10F古代ゾーン】

古代の展示物に後ろ髪を引かれながらも、今度はエスカレーターで9Fへ。
すると、そこには中世~近世の大阪が広がっていました。

T_imgp6883
【石山本願寺復元模型:9F中世ゾーン】

中世のゾーンは、織田信長と戦った石山本願寺の時代のものが展示のメイン。

明応5年(1496)、本願寺8世法主蓮如が山科本願寺の別院として大坂御坊を建立しますが、
その経緯を述べた蓮如の御文が、「大坂」という地名が記された歴史上最古の文献だそうです。

T_imgp7507
【馬喰:9F中世ゾーン】

天文元年(1532)、六角定頼と法華宗徒により山科本願寺が焼き打ちされると、
本願寺教団は本拠地を大坂御坊に移転、小さな御坊は次第に巨大な石山本願寺となってゆきます。

T_imgp6940
【中世大坂の町並み:9F中世ゾーン】

それ以降、山科がそうであったように、石山本願寺周辺にも広大な寺内町が形作られるようになり、
これが現在の大阪の町並の原形となったと考えられています。

T_imgp6887
【水都大坂:9F近世ゾーン】

その後、当時最大の宗教的武装勢力となった本願寺勢力は、天下統一を目指す織田信長と対立するようになり、
亀元年(1570)の9月12日、本願寺11世法主顕如は「信長は本願寺を取り潰す仏敵である」として挙兵します。

T_imgp7478
【文楽人形:9F近世ゾーン】

数度の合戦の後、石山本願寺で篭城戦を展開する本願寺勢に手を焼いた信長は、
朝廷に働きかけ「勅命講和」という形で和議を提案。

弾薬や食料が逼迫していた本願寺勢も此れを受け入れ、天正8年(1580)3月7日に和議が成立します。

同年8月2日、顕如は約10年間篭城を続けた石山本願寺をついに明け渡しました。

T_imgp6897_2 
【江戸期の道頓堀:9F近世ゾーン】

信長が10年間かけても武力では落せなかった堅牢な「城」は、
顕如が退去した数刻後には火を放たれ、三日三晩燃え続けた挙句、灰になってしまいました。

T_imgp7510
【江戸期の堂島:9F近世ゾーン】

その後の本願寺跡地は、豊臣秀吉が築いた大坂城、徳川家康が築いた大坂城と移り変わり、
現在の天守閣は、昭和6年(1931)に大阪人が築いた鉄筋コンクリートの天守閣。

それも、豊臣時代の天守台に秀吉時代の天守閣をのせた奇妙なものとなっています。

T_imgp7482
【荷役:9F近世ゾーン】

また、同じフロアの近世ゾーンには、
活気あふれる大坂町人たちの暮らしが1/20の模型でリアルに再現されています。

T_imgp6893
【近世大坂の町並み:9F近世ゾーン】

スクリーンに映し出される文楽人形の「浪花屋寅之助」を水先案内人として、
蔵屋敷や住友銅吹所(銅の精錬所)、船場の町並みや角の芝居など、
水都大坂の名所を巡るという趣向になっています。

T_imgp6904
【遠足の子達:8F発掘調査体験コーナー】

8Fは、「なにわ考古研究所」と名づけられた発掘調査体験コーナー。
原寸大で再現された発掘現場で、調査方法や遺構・遺物の見かたを学ぶことができ、
この日も、遠足の小~中学生で大賑わいでした。

T_imgp6906
【角座:7F近代ゾーン】

常設展示フロア最後となる7Fには、
大正~昭和初期にかけての心斎橋筋~道頓堀の町並みが原寸大で再現されており、
モダン都市・大阪の雰囲気が存分に味わえます。

T_imgp6942
【角座前の親子:7F近代ゾーン】

白い等身大のマネキン人形は、柵や囲いが無い状態での展示なので、どれが人でどれが人形か、
展示物と入場客が渾然一体となり、不思議なムードを醸し出していました。

T_imgp6941
【モダンな御婦人:7F近代ゾーン】

その他にも、6Fには特別展示室(有料・この日は準備中)、
2Fには無料の学習情報センター「なにわ歴史塾」(開架資料室)、
1Fにはレストランやミュージアムショップなどがあります。

T_imgp6916
【ショーウインドー:7F近代ゾーン】

また、この日は残念ながら時間が無く断念しましたが、施設自体が難波宮跡の真上に建っているので、
B1Fに保存されている難波宮の遺構も見学することが出来ます。
(1日6回・各回40人)

T_imgp6920
【おかえりなさい:7F近代ゾーン】

以上、駆け足での案内となりましたが、じっくり見て回れば丸一日でも足りないくらいの内容。
\600の入場料は良心的な価格設定ではないかと思います。

T_imgp6926
【魚屋:7F近代ゾーン】

しいて言えば、大阪の「光」の部分に焦点を当てた「大阪万歳!!」の展示が殆どで、
「影」の部分がそっくり抜け落ちているのが気になりました。

T_imgp6914_2
【針仕事:7F近代ゾーン】

災害や事件・事故、犯罪や公害などの暗いお話は一切無しで、
太平洋戦争に関する展示も、戦時下の暮らしとして少しのスペースが割かれているだけ。

各ゾーンごとに、もう少し多角的な視点の展示があってもいいのかなと思いました。

※1 現在の大阪市中央区法円坂付近にあった宮殿。
   
    大化の改新(645)の際に孝明天皇が難波に遷都。
    この年から難波宮の造成が始まり、6年後の651年にはほぼ完成。(前期難波宮)

    しかし、その35年後(686)には火災により難波宮は全焼。

    40年後の(726)、聖武天皇が再び難波宮の造営を開始。(後期難波宮)
    その後、(794)の平安京遷都に至るまで、
    難波を象徴する宮殿として大きな役割を果たしました。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 尾曳の城 | トップページ | 喧嘩の後でお参りを »

コメント

立派な博物館なんですね。
私のような地方にも県の博物館がありますが
内部はほとんど撮影禁止ですので残念です。
博物館も数回訪れないと自分のものにはなりませんね。

投稿: sansenkiso | 2008年6月29日 (日) 06時55分

sansenkisoさん
いつもコメントいただき有難うございます。
そして、いつもながらお返事遅くなり、
ホント、申し訳ありません

ざっと見るだけでは、記憶に残る部分は知れていますね。
仰るとおり、足繁く通わなければ、自分のものにはなりませんね。

投稿: yufuki | 2008年7月 3日 (木) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代からの日帰り旅行:

« 尾曳の城 | トップページ | 喧嘩の後でお参りを »