« 赤城の千本桜 | トップページ | 中世の面影~上州白井宿 »

2008年4月18日 (金)

赤城の大明神

(前回よりつづく)

赤城山南面千本桜を堪能して、次に向かったのが赤城神社。

赤城山上の大沼の畔にある元宮・赤城神社と区別する為、
当地の地名を冠して三夜沢赤城神社とも称される古社で、
全国に多くの分社をもつ赤城信仰の中心地として知られています。

T_imgp6326
【一の鳥居】

ちなみに、赤城神社の分社は群馬県内に118社。
全国では334社に及びます。

祭神は赤城明神と大己貴(おおなむち=大国主)命で、
赤城明神とは赤城山が神格化した神様です。

T_imgp6349
【参道】

室町時代中期に書かれた縁起物語「日光山縁起」には、
赤城明神と日光の二荒山大神にまつわる伝説が記されています。

大昔、赤城明神と二荒山大神の間に、
中の湖(中禅寺湖)の領有をめぐる争いが勃発。

赤城明神は大百足(むかで)の姿となり、二荒山大神は大蛇となって死闘を繰り広げ、
やがて、敗色が濃くなった二荒山大神は、弓の名手の小野猿麻呂に助っ人を依頼します。

猿麻呂は見事に赤城明神の左の目を射抜き、この戦いは二荒山大神の勝利で終わります。

T_imgp6347
【拝殿】

この伝承が面白いのは、双方が百足と大蛇に、わざわざ姿を変えて戦ったこと。

T_imgp6331
【拝殿正面】

百足を眷属(けんぞく:神の使者)としている神社は、佐渡の戸河神社や秩父の聖神社など、
全国にも数例があり、百足=鉱山神の使いとされています。

口伝に基づく話なので、論拠ははっきりとはしませんが、
その昔、鉱夫の間では「百足」という単語そのものが、鉱石・鉱物・採掘道具・衣裳など、
鉱山関連の一切のものを表現するときに用いられていたようです。

代表的なものとしては、「黒百足=鉄」「赤百足=金、銅」「白百足=銀」「縞百足=その他の鉱石」など。

T_imgp6341
【たわら杉~伝:俵藤太(藤原秀郷)の献木】

また、鉱石を運ぶ牛馬も「百足ベコ」「百足ウマ」と呼ばれていたり、
百足が単に虫の名のみに使用されるようになったのは後世のことで、
上古には、鉱物そのものが百足という語であったといわれています。

T_imgp6340
【中門と神殿】

一方、大蛇も鉱山とは関連が深い眷属。

その赤い舌が古代の製鉄プラント「たたら」の炎、
また、その姿形が砂鉄の採集地である河川の蛇行を連想させることから、
産鉄神の使いとされています。

よって、赤城山の神との二荒山の神の争いは、鉱脈を巡っての金属精錬集団同士の、
生存権を掛けた争いを伝えるものだったのではと考えられます。

T_imgp6336
【神殿裏手】

ここで、興味深いのは二荒山神社の副祭神にも大己貴命の名が見られること。

赤城山の神との二荒山の神の争いに乗じて、出雲系の神である大己貴命を信仰する一族が、
一旦、この地を支配下に治めたことを暗示しているのではないかとも考えられます。

T_imgp6343
【神楽殿】

そして、今の赤城神社の格付けは上野国二之宮。

かつては上野国一之宮でしたが、その座を貫前神社(群馬県富岡市)に譲り、
二之宮になったという伝承も残っています。

貫前神社の祭神は経津主(ふつぬし)命で、この神は天孫族系の産鉄神とされています。

赤城神社が二之宮となったということは、
一旦、上野国一帯の鉱山を手中にした出雲系の一族が、
経津主命を仰ぐ天孫族に支配権を明け渡した事を伝えているのではないでしょうか。

T_r0011231
【通学路:赤城神社からの帰路撮影】

古代の覇権を裏打ちするものは、高い金属精錬技術。

上野国の一之宮の変遷は、より高い技術をもった集団(天孫族)が周辺の集団を屈服させ、
わが国の基礎を築いていった経緯を表しているように思えます。

T_imgp6356
【赤城山】

古社特有ののしっとりとした、まさに「神域」を感じさせる空気に包まれ、
遥か古代に思いを馳せると、想いは広がるばかりで時間が経つのを忘れてしまうほど。

三夜沢の杜は、神社好きには堪らない空間でした。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 赤城の千本桜 | トップページ | 中世の面影~上州白井宿 »

コメント

おはようございます!
関西のなだらかな山を見て育った身としては、関東北部から東北にかけての冠雪した神々しい山を見ると、
ただそれだけで拝みたくなってしまいます・・・・
赤城山のふもと、粕川村には主人の親類が住んでいて(大阪から移住)
ときどきいろいろなものを送ってくれました。
自然が豊かな土地なんですよね。
それにしても百足というのが鉱山に深いつながりのある名前だとは!
そしてやっぱりここでも出雲系とフツ主が登場するのですね。
出雲系→天孫系への権力の移り変わりは、全国で行われていたわけですね。

私は英国史をちょこっとかじったのですが(一応英文科卒)
イギリスの先住民族ケルトからアングロサクソンへの移り変わりに
非常に似たものを感じます。

投稿: きょんち | 2008年4月18日 (金) 09時30分

>イギリスの先住民族ケルトからアングロサクソンへの移り変わりに
>非常に似たものを感じます。

16世紀以降、北米や南米ではネイティブアメリカンから、
アングロサクソンやラテン系の民族に支配権が移りましたが、
何千年か後には神話の世界になっているかもしれませんね。

投稿: yufuki | 2008年4月19日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤城の大明神:

« 赤城の千本桜 | トップページ | 中世の面影~上州白井宿 »