« 河内の開拓者 (1) | トップページ | 石段と湯の街 »

2008年1月27日 (日)

河内の開拓者 (2)

(前回からの続き。)

********************************************************************************************

前号で書いた元禄17年(1704)の大和川の付け替え工事のあと、
旧川筋では大規模な新田開発が始まりました。

河内平野の南部では、付替の後、流れがとだえた旧大和川の川筋、
玉串川や久宝寺川の河床や堤防を中心に新田が次々と造成されました。

平野の中北部にあり、旧大和川と寝屋川の水を集めた新開池も、
宝永2~4年(1705~7)に、干拓事業で埋め立てられ約158haの新田となりました。

この新開池の開発を手がけたのが、三代目鴻池善右衛門・宗利(むねとし)でした。

T_imgp3566
【冠木門:鴻池新田会所】

鴻池家は、言わずと知れた江戸時代最大の豪商。
その栄華の歴史は、始祖と呼ばれる鴻池直文(なおふみ)が、
摂津国伊丹村(現・兵庫県伊丹市)で清酒の醸造を手がけたことに始まります。

T_imgp3569
【表長屋門①:鴻池新田会所】

直文は、戦国時代の山陰地方の武将・山中幸盛の長男。

後に別所長治の家臣・黒田幸隆の養子となりましたが、
豊臣秀吉による黒田城陥落以降は摂津国伊丹村に移り、
武士の身分を捨てて酒造業を始めました。

長男の正成(まさなり)とともに、伊丹村で醸造した酒を江戸に運んで販売。
見事に成功を収め、事業を大きく発展させます。

T_imgp3568
【表長屋門②:鴻池新田会所】

元和5年(1619)には天下の台所、大坂は久宝寺町に店を移しますが、
そこでも順調に業容が拡大、江戸に送る酒の量が大幅に増えため、
輸送を陸路から海路に切り替えます。

幕藩体制が固まりつつあったこの時期、
江戸・大坂間の物資輸送がにわかに活発化しており、
それを見た直文は寛永2年(1625)、海運業にも乗り出します。

T_imgp3570
【本屋:鴻池新田会所】

その後、大阪の店舗を直文から引き継いだ正成は、はじめて善右衛門(初代)を名乗り、
天王寺屋五兵衛(両替商の始祖)から金融のノウハウを学び、明暦2年(1656)には両替店を開店。

海運業では、岡山藩の物資運輸に関わるようになり、
延宝7年(1679)からは、岡山藩蔵屋敷の掛屋(蔵屋敷内の物品の管理・売却等の実務責任者)を拝命。

これを契機として、全国諸藩大名との関係を構築してゆき、
大名蔵屋敷の物品を担保に金を貸し付ける「大名貸し」を拡大してゆきます。

正成の子・之宗(ゆきむね)の代には、早くも「十人両替」(幕府御用の両替屋十人)に指定され、
名実ともに大坂随一の豪商となってゆきました。

T_imgp3590
【土間①:鴻池新田会所】

一見すれば何の関連性も無い酒造・海運・金融と家業を変えた鴻池家ですが、
こうしてみると、その3業種は互いに隣接した業種だったのです。

機を見て敏なるは商売の鉄則ですが、
鴻池家勃興期の当主たちの事業センスは鮮やかなほど。

T_imgp3586
【土間②:鴻池新田会所】

之宗の子・宗利も、経済成長に陰りが見え始めた元禄年間を境に思い切った事業転換を断行。

まず、元禄8年(1695)に本店機能と本邸を大坂今橋に移し、
宝永2年(1705)からは当地での新田経営に参画します。

T_r0010343
【灰壷】

「大名貸し」によって金融業が有利だと悟った宗利は、酒造・海運とはきっぱり決別。
そして、金融事業と農業経営の安定させるために、様々な家訓や店則を定めました。

その教えを忠実に守った以降の歴代鴻池家当主は、金融業と新田経営にのみに専念。
幕末に至るまで、豪商としての地位を保ち続けました。

T_imgp3573
【竈】

明治維新では、鴻池家は大名への貸し倒れにより大きな痛手を被りましたが、
なんとか苦境を乗り切り、その後、近代的な経営を取り入れ鴻池財閥と発展。

その系譜は、三和銀行→三菱東京UFJ銀行へと繋がってゆきます。

T_imgp3575
【本屋座敷】

三代目の宗利は新開池を開発後も、金融業で得た資金を新田に投資し、
隣接するいくつかの新田の買収、「鴻池新田」の面積を拡大します。

そして、最盛期には広さ約200haにも及ぶ規模になり、
その新田を管理運営するための施設「会所」が作られました。

T_r0010344
【座敷上がり口の板間】

会所で行った業務は、村抱百姓からの小作料・肥料代の徴収、幕府への年貢の上納、
農地や水路の管理・補修、宗門改帳の作成・整理、幕府や鴻池家からの指示の伝達、
新田内での争いの裁定、老人への孝養米(こうようまい)の配給など多岐にわたりました。

T_imgp3578
【土間から裏長屋門】

中でも注目すべきは、老人に孝養米が配られていたこと。

孝養米とは、現代の年金に相当するもので、
畑仕事ができなくなった高齢者に、会所側が配布したお米のことをいい、
この制度は、善右衛門の新田経営の特徴といわれています。

T_imgp3603
【天井】

また、鴻池家は農閑期の余業として綿稼ぎ(わたかせぎ)に従事することを奨励しました。

その結果、当地一帯は日本を代表する綿作地帯となりましたが、
鴻池家が綿取引に関わった記録は残っていません。

これは、鴻池家としては綿作には手を出さず小作人に利益をもたらす方が、
新田経営は安定するという善右衛門の考えによるものだそうです。

T_imgp3605
【本屋白州】

時は元禄の太平の時代を迎え、来るべき人口増大に備えた新田開発を幕府は奨励しました。

それを受け、日本各地で新田の開発が行われ、その経営には町人(商人)をはじめ、
寺院や有力な庄屋、藩や代官などが関わっていました。

T_imgp3580>
【裏長屋門から本屋井戸】

しかし、多くの新田は天候不順による不作や、小作人との争議などによって行き詰まり、
次から次へと経営者が変わりました。

そんな中にあっても、鴻池新田は約240年間にわたって経営者が変わることがありませんでした。

これは、鴻池家の小作に厚い先進的な政策があったからではないかといわれています。

T_r0010371_2
【鴻池新田会所跡の碑】

JR学研都市線「鴻池新田」駅から東へ、徒歩ですぐの所に、
その鴻池新田会所跡が復元整備され、一般公開されています。

T_imgp3614
【庭園弁天池から本屋】

10,662㎡の会所敷地には、本屋や土蔵群のほか、長屋門・居宅・朝日社(鴻池家の神社)など、
伝統的な建築物と日本庭園が残されています。

T_r0010363
【文書蔵(手前)と米蔵(奥)】

会所が現在の場所に竣工したのは宝永4年(1707)。

敷地跡自体は、昭和51年(1976)に国の史跡に指定され、
昭和55年(1980)には本屋・屋敷蔵・文書蔵・米蔵・道具蔵が重要文化財に指定されました。

昭和60年(1985)からは、江戸時代末期・嘉永6年(1853)の状態に復元する解体修理が、
10年間の工期をかけてこなわれました。

会所建築の特徴は、当時の民家建築とは異なる装飾の少ないダイナミックな造作。

本屋の広大な土間や高い梁、開放的で簡素な座敷、中庭に面して建ち並ぶ蔵などに、
新田経営の中から生み出された、質素で無駄の無い美しさを見ることが出来ます。

T_imgp3616
【本屋座敷】

この日は平日で訪れる人も少なく、凛とと静まり返った会所内をゆっくりと散策。

300年以上も前に、河内平野を切り開いた偉人達や、
その大地を耕し、代々暮らを繋げて来た人々に思い馳せながら、
我が子供達の世代にも、郷土の成り立ちを伝えてゆく責任の様なものを感じていました。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 河内の開拓者 (1) | トップページ | 石段と湯の街 »

コメント

重厚なレポート 写真を見ながらじっくり拝読しました。
鴻池新田会所跡が復元整備され一般公開されているとのこと
実際に見学す機会もないでしょうから有難いです。
五つも並ぶ竈には驚きました。灰壷も今では見ることも出来ない
貴重な道具ですし天井構造も立派なものですね。

投稿: sansenkiso | 2008年1月27日 (日) 08時43分

yufukiさん、こんにちは。

今回もすばらしいレポートを読ませていただき、ありがとうございました。

地域史と日本史とのかかわりが豪商「鴻池」の
活動を通して興味深く述べてあり、感銘を受けました。

写真も綺麗ですね。特に写真の中の光と影の捉え方に感心しました。

次回作も楽しみです。

投稿: fou | 2008年1月27日 (日) 16時53分

すばらしいレポートです!鴻池家については「大阪の豪商」としか知りませんでした。
なるほど~もともとは醸造業だったんですね。
東北や千葉の元豪商の家を見に行く機会が多いのですが
やっぱり共通して言えることは「時代の流れにフレキシブルに対応している」
ということでしょうねぇ。
儲からん、と思ったらすっぱりその事業を止める、それくらいの勇気が必要なんですね。
私は商家の出なので(近江商人→大阪キタ)ものすごくよくわかります。
いつまでも「しきたり」や「先祖代々の何某」にこだわっていたから武士は滅んだ・・・
そう思っています。
びっくりしたのは、最後から二枚目の蔵(文書蔵)。
こういう屋根と壁の間に隙間のある蔵は、東北ではあたりまえです。
でも私は関西では見たことが無かったのです。
実際、会津で見かけたときちょうど関西からの団体さんがおられて
みなさん口々に「関西ではこういう構造の蔵は無理やろな、台風来たら舞い上がってしまう」
とおっしゃっていたので、私と同じだなぁ~と思ったのです。
河内にもあったんですね!!びっくり~((+_+))

投稿: きょんち | 2008年1月27日 (日) 18時27分

いぶきさん
有難うございます。
5つのお釜用の竈と4つの大なべ用の竈があります。
当時、会所では何人分の食事の準備をしていたのかは解かりませんが、
かなりの大所帯には違いありませんね。
農閑期には相撲や浄瑠璃の興行もあったようですので、
その際に活躍したのかもしれません。

投稿: yufuki | 2008年1月30日 (水) 23時04分

fouさん
有難うございます。
写真を褒められると、単純に喜んでしまいます。

>地域史と日本史とのかかわりが豪商「鴻池」の活動を通して興味深く述べてあり、
>感銘を受けました。

私達の世代は、小学校の頃は「私たちの東大阪市」とかいう副読本で地域の歴史を習いましたが、
中学生以降、授業で地元の歴史と日本史とを関連付けて、教えられた記憶がありません。

身近なところから日本や世界を考える方が、面白いような気がしますが、
画一的にならざるを得ない入試が前提の教育では難しいのかも知れませんね。


投稿: yufuki | 2008年1月30日 (水) 23時17分

きょんちさん
いつも有難うございます。

>東北や千葉の元豪商の家を見に行く機会が多いのですが
>やっぱり共通して言えることは「時代の流れにフレキシブルに対応している」
>ということでしょうねぇ。

商売人は時流を読めないと、昔も今もダメと言う事でしょうね。

進化の過程で生き残ってゆくのは、
一番強いものではなく、また、一番利口なものでもない。
生き残るのは常に変化に順応して、変わり続けるものである。

ダーウィンの受け売りです。

投稿: yufuki | 2008年1月30日 (水) 23時26分

すばらしい写真とレポート、ついつい引き込まれてしまいました。
多くの新田が行き詰るなか、240年も経営者が変わらなかった「鴻池新田」には、ちゃんとしたその理由があったのですね。考養米の精度には驚かされます。

投稿: kazuo | 2008年2月 2日 (土) 21時28分

kazuoさん
有難うございます。

鴻池新田の経営は、かなり先進的だった用に思います。
ここでの資料を見て感じたことですが、
江戸期の農村の人々は、私のイメージ以上に人生を楽しまれていたようです。

投稿: yufuki | 2008年2月 4日 (月) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河内の開拓者 (2):

« 河内の開拓者 (1) | トップページ | 石段と湯の街 »