« 観音さまの丘 | トップページ | 日本仏法最初の官寺 »

2007年12月 2日 (日)

冬桜の里

11月29日(木)は休日だったので、群馬県藤岡市鬼石(おにし)にある桜山公園にいってきました。

群馬県南部、埼玉県との県境に隣接する藤岡市は、北関東における道路交通の要衝。
藤岡I.Cでは関越自動車道、上信越自動車道、北関東自動車道が交差しており、
近年、その利便性を生かし、群馬県の表玄関を目指した街づくりが進められています。

その藤岡I.Cから南へ約21km、埼玉県との県境に桜山公園はあります。

T_imgp3306
【桜山公園】

桜山公園は、名前に違わぬ桜の名所。

国の名勝・天然記念物に指定されている冬桜(ふゆざくら)は特に有名で、
毎年、関東全域から多くの見物客を集めています。

この地の冬桜の歴史は古く、今から100年前に遡ります。

T_imgp3326
【桜山公園から望む鬼石地区】

明治42年(1909)に、当時の三波川村の村長であった飯塚志賀氏が、
日露戦争勝利を記念して国有地の払下げを受け、
冬桜の苗1,000本と楓の苗310本を標高591mの桜山に植栽し、
公園として整備したことが始まりだそうです。

T_imgp4743_2
【冬桜①】

昭和12年(1937)には「三波川桜」として国の名勝及び天然記念物に指定されますが、
このときの冬桜の総数は344本でした。

その後、冬桜の数は時とともに増えてゆきましたが、
昭和48年(1973)に西方約3Kmの地点で発生した火災により桜山も延焼。
約1,000本の冬桜を焼失してしまいます。

T_imgp4653
【冬桜②】

山火事によって壊滅的な被害にあった冬桜ですが、
その後も地元の努力により復興・整備がなされ、
平成17年(2005)には冬桜の総数は7,000本に達しているそうです。

T_imgp4723_4
【冬桜③】

その冬桜ですが、別名を木葉桜(こばざくら)といい、
山桜と豆桜の雑種ではないかと推測されています。

成木の樹高が5~7m、繊細な枝が箒状に伸びる小樹で、
葉の形状は小さく卵形、花は白色~淡紅色の一重小輪。
年に2度、春(4月)と冬(11月~12月)に花を咲かせます。

T_imgp4655
【冬桜④】

名前が似ているので寒桜と混同してしまいがちですが、
寒桜は、淡紅色一重の花が1月~2月に1度しか咲きません。

T_imgp4733
【冬桜⑤】

また、冬桜と同じく2度咲きの「十月桜」という品種もありますが、
これは小彼岸(こひがん)系の桜だそうで、開花は名にあるように10月。
花弁が約17枚と不規則で八重咲きのものが多く、色は冬桜より濃いピンクです。

T_imgp4672
【冬桜⑤】

この日は生憎の曇り空でしたが、
平日にもかかわらず、群馬や埼玉県下から観光バスが繰り出し、
思っていた以上に混雑していました。

T_imgp4687
【白い椿も咲いてます】

桜祭りが行われる週末(12月1~2日)には、
麓から公園駐車場までは2時間以上かかる程の渋滞になるとか。

T_imgp4679>
【ピンクもついでに】

ちょうど見頃を迎えた白や薄紅色の花は、染井吉野のような豪華さこそありませんが、
可憐で楚々とした、かわいらしい花でした。

T_imgp4662_2
【紅葉と冬桜】

紅葉した秩父の山並みを背景に、淑やかに咲く様子は風情たっぷり。
写真で伝えきれないのが残念です。

T_imgp4693
【染まる山並み】

春になって再び咲くときは、花柄も伸び、華やかさが少し増すらしく、
その様子も是非とも見てみたい気がしました。

T_imgp4641
【歩調ぴったり】

公園内には冬桜の他にも3,000本の染井吉野が植えられており、
併せて約10,000本の桜の競演は、さぞ見事だろうと思います。

春の再訪が今から楽しみです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 観音さまの丘 | トップページ | 日本仏法最初の官寺 »

コメント

初めてコメントします。  宜しくお願いします。
初めて冬桜を見ました。本当に綺麗ですね。
二度咲きなんですね。日本人には桜は落ち着きますね。
又、お邪魔します。宜しくお願いします。

投稿: kiyooku | 2007年12月 2日 (日) 11時01分

yufuki様こんにちは。 くらげと申します。 私も桜山公園へは、11月24日に行きました。 残念ながら冬桜ほうは8分咲き程度で、少し寂しい景観でしたが、春と秋の同居を楽しんできました。 (ブログのほうに下手くそながら写真ものせてみました。)
群馬は10年程前に3年ほど住んでいました。 冬でもあまり雪は降らない代わりに、赤城からの風が冷たく空気も乾燥して、肌には厳しい季節ですよね。 
ではまた・・・(^^)

投稿: くらげ | 2007年12月 2日 (日) 15時06分

kiyookuさん
コメント有難うございます。

花の無い季節に桜の花、
心が晴れやかになるようでした。

またのご訪問、お待ちしております。

投稿: yufuki | 2007年12月 2日 (日) 16時25分

くらげさん
はじめまして。
ご訪問有難うございます。

関西出身者には、此方の寒さは今でも身にしみます。
これから、ますます強くなる赤城おろし。
群馬での初めての冬を、なんとか凌ぎたいと思っています。

宜しければ、またお訪ねください。
お待ちしております。

投稿: yufuki | 2007年12月 2日 (日) 16時30分

冬桜ってけな気で綺麗ですね。

投稿: 通りすがり | 2007年12月 2日 (日) 22時10分

通りすがりさん
有難うございます。
私もはじめて見ました。
春の桜の豪華さは無いけれど、
清楚な感じがする花でした。

投稿: yufuki | 2007年12月 3日 (月) 10時15分

7千本の冬桜には驚きました。
桜も呼称はいろいろあって難しいのですが
冬桜と寒桜の区別は良く理解できました。
十月桜や二度桜と呼ばれる桜が周辺の町にありますが
冬桜とまったく良く似ています。
「紅葉と冬桜」「歩調ぴったり」の二枚は
特に印象に残りました。

投稿: いぶき | 2007年12月 4日 (火) 06時06分

みなさんおっしゃる通り、今まで「冬桜」と「寒桜」を混同してましたよ~
それにしてもこの木葉桜、不思議な美しさのある桜ですね。
椿もバラと見まごうくらいの華麗さ!まだ開き切っていないのがいいのでしょうね。
藤岡インターは通ったことがありますが、素通りでした。
郡山もそうですが、交通の要所には文化が栄えますね♪

投稿: きょんち | 2007年12月 4日 (火) 06時20分

いぶきさん
お返事遅れまして恐縮です。

写真を撮り始めるまでは花や草木に興味が無く、
知らないことばかり。
私も今回の訪問で、冬桜と寒桜の違いを初めて知りました。
実がならない花が、年に二度咲くのはなんとも不思議ですね。

投稿: yufuki | 2007年12月 8日 (土) 23時52分

きょんちさん
冬の桜といえども結構な花付で、華やかさもありました。
それと、椿も真っ盛り。
写真にはなりませんでしたが、椿の大木があり、
信じられないぐらい多数の花を着けていました。

投稿: yufuki | 2007年12月 8日 (土) 23時56分

ご無沙汰してしまいました。
可憐な花ですね。
春のソメイヨシノに比べ華々しさは無いものの、冬桜は楚々としていて実に日本的な感じがします。
一度是非見に行きたいものです。

投稿: kazuo | 2007年12月11日 (火) 23時45分

kazuoさん
お返事遅れまして恐縮です。
冬桜、可憐な花でした。
春には染井吉野との競演が見られるそうなので、
是非、再訪しようと思っています。

投稿: yufuki | 2007年12月26日 (水) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬桜の里:

« 観音さまの丘 | トップページ | 日本仏法最初の官寺 »