« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月26日 (水)

日本仏法最初の官寺

ご無沙汰が続いております。

12月は更新頻度が悪く、今回がまだ二度目ですが、
たぶん、年内最後の更新になると思いますので、一言、お礼とご挨拶を。

2007年も駄文と稚拙な写真にお付き合いいただき、有難うございました。
来年も劇的な改良は無いとは思いますが、宜しくお願いします。

************************************************************************************

今回は大阪からのレポート。
先日、所要で帰阪した際に、大阪市天王寺区にある荒陵山四天王寺に行って来ました。

四天王寺は言わずと知れた、聖徳太子が建立した日本仏法最初の大寺。

T_imgp3354
【西重門】

その伽藍配置は「四天王寺式伽藍配置」と呼ばれ、
南北に一直線に並んだ伽藍(仁王門・五重塔・金堂・講堂)を回廊が取り囲むという様式で、
日本では最も古い建築様式の一つといわれています。

この様式は日本固有のものではなく、源流をたどれば朝鮮半島~中国に行き着き、
6~7世紀の大陸の様式を今日に伝える貴重な存在となっています。

T_imgp3349
【西大門(極楽門)下】

聖徳太子が四天王寺を建立するに至った経緯については、
「日本書紀」が詳しく伝えています。

T_imgp4939
【回廊の燈籠】

西暦587年4月の第31代用明天皇の薨去に伴う皇位継承争いで、
泊瀬部皇子(はつせべのみこ 後の第32代崇峻天皇)を推す蘇我馬子と、
穴穂部皇子(あなほべのみこ 後に馬子により暗殺)を推す物部守屋が対立し、
その年の7月には、ついに武力による直接対決に発展しました。

この二人は当時の政界を二分する実力者でしたが、
馬子の父・稲目(いなめ)は崇仏派、守屋の父・尾輿(おこし)は廃仏派として、
仏教対神道の宗教闘争を親の代から激しく繰り広げていました。

T_imgp3364
【金堂】

そこへ皇位継承問題がからんだため、事態はますます複雑化、
武力対決は時間の問題と見られていました。

老獪な政治家であった馬子は、主要な皇族や氏族を次々に懐柔。
守屋は次第に孤立無援の状態に追い詰められてゆきました。

T_imgp3369
【講堂】

身の危険を感じた守屋は、渋川(現在の大阪府東大阪市付近)にあった本拠地に引き篭もり、
来るべき決戦に向けての準備を開始します。

そして7月、ついに戦いの火蓋が切られ、馬子は自陣営の氏族や皇族たちとともに、
大軍を率いて渋川を攻撃しました。

T_imgp3376
【五重塔】

しかし、物部氏は元来、軍事氏族として歴代天皇家に仕えてきた一族。
彼らは稲城(いなぎ)を築いて応戦し、三度戦い三度とも蘇我連合軍を退けました。

守屋に荷担したのは一部の物部系の支族と守屋直属の奴隷兵士たちのみでしたが、
まさに戦のプロ軍団、数を頼みの蘇我連合軍を寄せ付けない強さがありました。

T_imgp3382
【石舞台と六時堂】

この時、守屋討伐に従軍していた皇族の中に14歳の聖徳太子がいました。

味方の苦戦を見た太子は、白膠木で四天王の像を自ら彫り、
「もしこの戦いに勝利したならば、護四天王を安置する寺院を建立しましょう。」と誓願します。

T_imgp4967
【太子堂の屋根】

すると、四天王の加護によってか、蘇我連合軍4度目の進軍で、
迹見赤檮(とみのいちい)が、朴の大木に登って矢を射かけていた守屋を射落とす事に成功。

それを見た寄せ手はここぞとばかり攻めかかり、ついに守屋軍は崩壊。
戦い敗れた廃仏派の首魁、守屋とその一族は根絶やしにされてしまいました。

T_pict0073
【物部守屋墓:大阪府八尾市 05年10月撮影】

四天王の加護によって戦いに勝利した太子は、守屋との戦いから5年後の推古元年(593)に、
誓願を果たす為に四天王寺を建立しました。

このように、四天王寺の建立の経緯については、かなり血なまぐさいものでありました。

T_imgp4926
【四天王の木像①:五重塔内部】

その後の四天王寺は、物部守屋の祟りが故か、たび重なる災害に見舞われ、
焼失と再建を繰り返すことになります。

T_imgp4929
【四天王の木像②:五重塔内部】

平安時代の承和2年(836)には落雷で、天徳4年(960年)には火災で主要伽藍が失われ、
その後も、天正4年(1576)には織田信長の石山本願寺攻めの兵火で焼失。
豊臣秀吉によって再建された伽藍も、慶長19年(1614)の大坂冬の陣で焼失しています。

さらに、江戸幕府の援助で再建された伽藍も享和元年(1801)の落雷でまたも焼失。
文化9年(1812)に再建された伽藍が近代まで残っていましたが、
昭和9年(1934)の室戸台風で五重塔と仁王門が倒壊、金堂も大被害を受けました。

五重塔は昭和14年(1939)に再建されますが、昭和20年(1945)の大阪大空襲で他の伽藍とともに焼失、
現存の中心伽藍は戦後の昭和38年(1963)に再建されたもので、
耐震構造の鉄筋コンクリート造となっています。

T_imgp3345
【石の鳥居】

四天王寺境内への西側入口には、神仏習合の名残りの「石の鳥居」があり、
「釈迦如来転法輪所当極楽土東門中心」(極楽浄土の東にある門の意)と書かれた額が掲げられています。

この「石の鳥居」は永仁2年(1294)に再建された日本最古の石造りの大鳥居の一つで、国の重要文化財。

T_imgp4957
【枯葉と五重塔】

日本仏法最初の大寺の入口に、山門ではなく神社の象徴である大鳥居が今も残るのは、
物部守屋の鎮魂の為かと考えてしまうのは深読みが過ぎるでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

冬桜の里

11月29日(木)は休日だったので、群馬県藤岡市鬼石(おにし)にある桜山公園にいってきました。

群馬県南部、埼玉県との県境に隣接する藤岡市は、北関東における道路交通の要衝。
藤岡I.Cでは関越自動車道、上信越自動車道、北関東自動車道が交差しており、
近年、その利便性を生かし、群馬県の表玄関を目指した街づくりが進められています。

その藤岡I.Cから南へ約21km、埼玉県との県境に桜山公園はあります。

T_imgp3306
【桜山公園】

桜山公園は、名前に違わぬ桜の名所。

国の名勝・天然記念物に指定されている冬桜(ふゆざくら)は特に有名で、
毎年、関東全域から多くの見物客を集めています。

この地の冬桜の歴史は古く、今から100年前に遡ります。

T_imgp3326
【桜山公園から望む鬼石地区】

明治42年(1909)に、当時の三波川村の村長であった飯塚志賀氏が、
日露戦争勝利を記念して国有地の払下げを受け、
冬桜の苗1,000本と楓の苗310本を標高591mの桜山に植栽し、
公園として整備したことが始まりだそうです。

T_imgp4743_2
【冬桜①】

昭和12年(1937)には「三波川桜」として国の名勝及び天然記念物に指定されますが、
このときの冬桜の総数は344本でした。

その後、冬桜の数は時とともに増えてゆきましたが、
昭和48年(1973)に西方約3Kmの地点で発生した火災により桜山も延焼。
約1,000本の冬桜を焼失してしまいます。

T_imgp4653
【冬桜②】

山火事によって壊滅的な被害にあった冬桜ですが、
その後も地元の努力により復興・整備がなされ、
平成17年(2005)には冬桜の総数は7,000本に達しているそうです。

T_imgp4723_4
【冬桜③】

その冬桜ですが、別名を木葉桜(こばざくら)といい、
山桜と豆桜の雑種ではないかと推測されています。

成木の樹高が5~7m、繊細な枝が箒状に伸びる小樹で、
葉の形状は小さく卵形、花は白色~淡紅色の一重小輪。
年に2度、春(4月)と冬(11月~12月)に花を咲かせます。

T_imgp4655
【冬桜④】

名前が似ているので寒桜と混同してしまいがちですが、
寒桜は、淡紅色一重の花が1月~2月に1度しか咲きません。

T_imgp4733
【冬桜⑤】

また、冬桜と同じく2度咲きの「十月桜」という品種もありますが、
これは小彼岸(こひがん)系の桜だそうで、開花は名にあるように10月。
花弁が約17枚と不規則で八重咲きのものが多く、色は冬桜より濃いピンクです。

T_imgp4672
【冬桜⑤】

この日は生憎の曇り空でしたが、
平日にもかかわらず、群馬や埼玉県下から観光バスが繰り出し、
思っていた以上に混雑していました。

T_imgp4687
【白い椿も咲いてます】

桜祭りが行われる週末(12月1~2日)には、
麓から公園駐車場までは2時間以上かかる程の渋滞になるとか。

T_imgp4679>
【ピンクもついでに】

ちょうど見頃を迎えた白や薄紅色の花は、染井吉野のような豪華さこそありませんが、
可憐で楚々とした、かわいらしい花でした。

T_imgp4662_2
【紅葉と冬桜】

紅葉した秩父の山並みを背景に、淑やかに咲く様子は風情たっぷり。
写真で伝えきれないのが残念です。

T_imgp4693
【染まる山並み】

春になって再び咲くときは、花柄も伸び、華やかさが少し増すらしく、
その様子も是非とも見てみたい気がしました。

T_imgp4641
【歩調ぴったり】

公園内には冬桜の他にも3,000本の染井吉野が植えられており、
併せて約10,000本の桜の競演は、さぞ見事だろうと思います。

春の再訪が今から楽しみです。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »