« 流れは変わるのか? | トップページ | 冬桜の里 »

2007年11月24日 (土)

観音さまの丘

御無沙汰いたしております。

本日の写真は、11月15日の撮影です。

******************************************************************************

高崎市街地から西方に約2km行くと、標高200m程度のなだらかな丘陵がひろがっています。

この丘陵地、正式には「岩野谷丘陵」と言うらしいのですが、
私の知る限りにおいては、全ての地図や案内には「高崎観音山」と記されており、
その頂上部(標高212.4m)には、ビックリするほど巨大な観音像が建てられています。

T_imgp4438
【白衣大観音①】

この観音像は「白衣大観音」と呼ばれており、昭和9年(1934)に行われた陸軍特別大演習の際、
高崎市内の実業家井上保三郎氏が単独で昭和天皇に拝謁できたことを記念して、
観光都市高崎の発展・陸軍十五連隊戦死者の慰霊・社会の平安などを祈願して建立したものだそうです。

T_imgp3181
【白衣大観音②】

高さ41.8m、重さ5985tの観音像は当時は世界一の大きさ。
コンクリート造りの胎内は9層からなり、各層あわせて20体の仏像が安置されてます。

T_imgp4425
【白衣大観音③】

像の原型は、伊勢崎市の鋳金工芸家森村酉三氏が制作し、
完成した原型を池袋にあったアトリエから、
日本橋の井上工業東京支店まで自転車で運んだのが、
井上工業に入社して間もない田中角栄元首相であったという逸話が残っています。

T_imgp4429
【白衣大観音④】

着工から2年余り後に完成し、昭和11年(1936)に開眼法要が営まれました。

翌年の昭和12年(1937)には、高崎観光協会が設立され、
昭和13年(1938)に、高崎市が井上工業から観音像を譲り受けると共に、
観音像を中心とする観光地化事業が開始されました。

T_imgp4431
【白衣大観音⑤】

そして、昭和16年(1941)には、高野山真言宗慈眼院が現在の場所へ移築、
以来、白衣大観音が同院本尊の前仏となりました。

T_imgp4457
【慈眼院】

慈眼院の歴史は古く、遠く寛喜年間(1229~32)に遡ります。
鎌倉幕府二代執権の北条義時の三男、重時が創建、
長らく学問寺として高野山内にありました。

T_imgp3175
【慈眼院本堂】

移築の経緯はよく判りませんが、
前仏が先にあって、そこに本尊・本堂が後から越してくるというのも、
珍しいんじゃないかと思います。

やはり、日本一の観音様と言えども、
それなりの権威付けが必要だったと言うことでしょうか。

T_imgp4437
【ひびき橋】

開眼から60年後、平成7年(1996)には大修復が完了し、
還暦を迎えた観音様は美しく生まれ変わりました。

そのご尊顔は、穏やかで高貴。
今後も高崎の街を、限りない慈悲で見守ってくれる事でしょう。

T_imgp4480
【洞窟観音入り口】

白衣観音のほど近くに、もう一ヶ所、観音様にまつわる名所があります。

その名は「洞窟観音」。

T_imgp3199
【洞窟観音坑道※ぶれぶれ!】

高崎市内の呉服商山田徳蔵氏が全資産と生涯を投げ打って、
浅間山の溶岩でできたこの丘陵の中腹を彫り抜き、
その中に建設した観音霊場です。

T_imgp3205
【洞窟観音内部】

徳蔵翁は、昭和2年(1927)の着工以来、昭和38年(1963)に80歳でこの世を去るまで、
この事業に情熱を注ぎ続けたそうです。

洞窟内の400mにわたる坑道には、昭和の名工・高橋樂山氏の手による36体の石彫観音像が、
巨岩奇岩に囲まれるように安置され、深山幽谷の趣をかもし出しています。

T_imgp4483
【山徳園:山田徳蔵記念館】

昭和になって行なわれた、この2つの観音事業によって、
この丘陵が「高崎観音山」と呼ばれているのかと思いきや、
どうもそうではないようです。

実際は、古く平安時代初期にこの丘陵に建立された清水寺(現存)が、
本尊に千手観音をまつっていたことに由来しているそうです。

T_imgp4443
【山徳園の紅葉】

今回は清水寺には立ち寄ることができませんでしたが、
「高崎観音山」は、まさに観音様づくしの御山でした。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 流れは変わるのか? | トップページ | 冬桜の里 »

コメント

今西宮の実家からです。
キット師匠の歓迎会には、残念ながら1日ちがいで行けなかったのですが
きっと盛況だったでしょうね~
8日の撮影会も用事があって行けませんが、なんとかシルキー講習会だけは顔を出したいと思っています。
高崎の観音様、きれいですね~
昔住んでた鎌倉の近くの大船にもありましたが
遠くからどんどん近付くと、感動しますね~
千葉の紅葉はまだぜんぜん!ですが、高崎はいま絶好調でしょうね。
来月になると、ただでさえ師走で忙しいのに、紅葉撮りでまた忙しくなります・・・・

投稿: きょんち | 2007年11月24日 (土) 07時59分

高崎観音、昭和11年の完成だったんですね。最近のものと思っておりました。
それにしても、いいお顔をされていらっしゃいます。
紅葉も見事です。

投稿: kazuo | 2007年11月24日 (土) 17時37分

きょんちさん
有難うございます。
観音様の近くまで行くと、思った以上にデカくてびっくり。
そして、記事には書きませんでしたが、
参道商店街の荒廃振りにもびっくり。
何とか手を打たないと、観光地としては厳しい状況でした。

師匠歓迎会、残念でしたね。
8日の現像講習会は参加されるようですが、
私もぜひ参加したいので、スケジュール調整中です。
参加の折は、宜しくお願いします。

投稿: yufuki | 2007年11月25日 (日) 18時40分

kazuoさん
観音様のお顔、ほんとにいいお顔でした。
改修を終えたばかりなので、お肌はつやつや、
とても70年以上前の建造には見えませんでした。

投稿: yufuki | 2007年11月25日 (日) 19時10分

綺麗な観音様ですね。
空と観音様のコントラストが素敵ですね。
洞窟観音内部写真て何か不思議な空間で良いですね。

投稿: 通りすがり | 2007年11月26日 (月) 22時29分

通りすがりさん
お立ち寄り、有難うございます。

こちらに来て3ヶ月ですが、
関西と違うな~と思うのは煮物の味と空の高さ。
晴れた日の青空は本当に綺麗です。

投稿: yufuki | 2007年11月27日 (火) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観音さまの丘:

« 流れは変わるのか? | トップページ | 冬桜の里 »