« 皆、生き返る温泉 | トップページ | さらば、晴れの国! »

2007年8月11日 (土)

妖怪の港町~灯台~千鳥城へ

本日は、先日書きました家族での山陰小旅行の続編です。

米子市の皆生温泉から、巨大な砂州である弓ヶ浜に沿って北西に進むと境港市に至ります。
境港市は言わずと知れた水産業の町。
全国3000漁港の中で13港しかない特定第3種漁港の1つで、
日本海沿岸随一の水産加工業の拠点となっています。
特にカニ(ズワイガニ・紅ズワイガニ)の水揚げは全国一を誇っており、
紅ズワイガニの加工では全国の8割のシェアを持っています。

T_imgp2478
【境港:隠岐汽船フェリーターミナル】

水産業では全国に名をとどろかせている境港市ですが、冬のカニツアーシーズンを除けば、
観光資源が殆どなく、交通の便も悪い為、訪れる観光客の数は多くありませんでした。
そこで、市は水産業以外の産業振興を目的として、
平成元年(1989)より、町おこし政策「緑と文化のまちづくり」をスタート。
その一環として登場したのが「水木しげるロード」でした。

T_imgp3486
【ねずみ男】

境港市は漫画家・水木しげる氏の出身地。
『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめとする妖怪漫画は、多くのファンに愛されています。
そんな水木氏が、故郷の繁栄を願いプロデュースしたのが「水木しげるロード」。
JR境港駅前からアーケード沿いに続く全長約800mの通りに、
水木氏の漫画に登場する妖怪たちのブロンズ像が83体も並んでいます。
道の両脇に続々出現する妖怪ブロンズ像をはじめ、妖怪グッズを販売するショップ、
さらには妖怪神社に鬼太郎ポストとロードは妖怪づくし。

T_imgp3487
【鬼太郎】

この日のロードは、大勢の子供達で賑わっており、
妖怪ショップのキャラクターグッズが結構売れていました。
ちなみに、我が家の末娘は妖怪「ぬりかべ」の貯金箱を記念に買っていました。
アニメによる町おこしを企画している自治体は沢山あるようですが、
詳しく調べたわけではありませんが、境港市は成功している方ではないでしょうか。

T_imgp2475
【目玉親父】

境港市と境水道を挟んだ対岸はもう島根県。
県境にかかる境水道大橋を渡ると、島根半島の東端、美保関町に至ります。
美保関は6世紀以前、出雲における政治の拠点だったとされている所。
古事記・日本書紀にも美保関の名が見られ、
大国主命とその子・事代主命が大和からの使者・武甕鎚命に国譲りの返答をされたと記されています。
また、古代以降も海上交通・貿易の要衝、北前船の寄港地として江戸時代に至るまで繁栄は続きました。

T_imgp2484
【美保関:地蔵崎】

したがって、この辺りには延喜式内の古社、美保神社をはじめ古墳や旧跡などが点在し、
見所が目白押しなのですが、今回は家族サービスがメインなので殆ど立ち寄る事が出来ませんでした。

T_imgp2482
【美保関灯台①】

唯一、立ち寄ったのが半島の最東端、地蔵崎にある美保関灯台です。
旧跡と呼ぶには新しい、明治31年(1898)に建てられた現役の灯台ですが、
平成10年には「世界の歴史的灯台100選」に選ばれており、
かねてから、その瀟洒な姿を一目見たいと思っていたで立ち寄ってきました。

T_imgp3490
【美保関灯台②】

「道の涯は小山のように隆起し、登り坂になった。
やがてこの地塊は、はげしい角度で海に落ちている。
その先頭に白い灯台がたっていた。」

かつて作家の司馬遼太郎氏は「街道をゆく」の中で、この灯台をこう描いています。
フランス人技師による設計で、地元職人の手によって立てられた石作りの建築は、
高さ14m(水面からの高さ83m)という堂々たるものです。
その白亜の美しい姿は、司馬氏をして「19世紀の西洋が小天地として存在している」と感嘆させました。

T_imgp3488
【美保関灯台③】

昭和37年(1962)以降は無人化されましたが、建設から100年以上経った今も、
遠く43km先まで届く150万カンデラという力強い光で、沖をゆく船の航路を照らし続けています。

T_imgp3521
【松江城内堀】

美保関灯台を後にして、境水道大橋を再度渡って弓ヶ浜砂州を後戻り。
中海に浮かぶ江島~大根島を経由して、松江市内に入りました。
目指すは出雲松江城でしたが、台風の影響でこの頃から雨足が強くなり、
松江城に到着した頃には本降りりに。

T_imgp3516
【松江城登城口】

「もう帰ろう!」コールを始めた嫁さんと子供達を土産物屋さんに残し、
とりあえず、外観だけ写真に収めてきました。

T_imgp3518
【松江城石垣】

松江城は山陰地方で唯一、建築当時の天守が残るお城です。
安土桃山時代の実戦的な城郭建築の特徴をよく残した、望楼式5層6階建の天守は慶長16年(1611)の建築。
お城ファンならずとも、思わずうっとりするほどの美しさです。

T_imgp3511
【松江城天守】

名城を前にして、この日は文字通りの駆け足で、傘を差しながらの撮影。
天守内部や3つの櫓(復元)など、じっくりと見学したい思いはありましたが、
登城は諦めて家族が待つお土産物屋さんへ。
いつの日にかの再訪を誓い、後ろ髪をひかれる思いで帰路に着きました。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

07.08.24  本文訂正のお知らせとお詫び

記事中に、水木しげる氏がすでにお亡くなりになっているという表記がありましたが、
氏は現在も85歳でお元気であります。
メールでお知らせ下さった方があり、ようやく気づきました。
全くの勘違い。
本文は訂正させていただきました。
水木しげる氏ならびに、読んで頂いたすべての皆様にお詫び申し上げます。

|

« 皆、生き返る温泉 | トップページ | さらば、晴れの国! »

コメント

yufukiさんの写真はどれも落ち着き払った威厳を感じます。
一枚一枚Exif情報を確認して勉強させてもらっております。

投稿: タキ爺 | 2007年8月11日 (土) 03時31分

いつものように一枚一枚が非常に丁寧に撮影されていることに感心しています。
是非一度お会いしたいものですね。

投稿: いぶき | 2007年8月11日 (土) 06時18分

松江城には後ろ髪をひかれたことでしょうね。
yufukiさんの雨の松江城、雰囲気がとっても良く出ていると思います。もっと見たかったのですが、今回はご家族第一、諦めることにします。
それにしても現存している天守、東北地方には無いものだけに憧れを感じます。

投稿: kazuo | 2007年8月11日 (土) 19時14分

タキ爺さん
過分なお言葉有難うございます。
本人はいたって落ち着きが無いのですが(笑)
あまり参考になるようなものは無いとは思いますが、
こんな写真でよかったら、いつでもおこしください。

投稿: yufuki | 2007年8月11日 (土) 23時11分

いぶきさん
いぶきさんに丁寧などといわれると、
隠れてしまいたくなります(笑)

近いうちに必ずお会いできるような気がしてます。
その折には、よろしくお願いします。

投稿: yufuki | 2007年8月11日 (土) 23時13分

kazuoさん
東北には現存天守がないんですか。
この松江城天守も、維新後に米100俵で売却されそうだった所を、
地元の豪農などが保存に奔走し、救われたそうです。

投稿: yufuki | 2007年8月11日 (土) 23時18分

このお城は本当に素晴らしいですね!
黒いお城、というと熊本城しか知りませんでした(写真でしか見たことはないのですが)
松江というとやっぱり小泉八雲、ですが
なんと水木しげる氏の出身地でもあったのですか?
やっぱりねーーーー生まれた街の雰囲気は絶対に性格などに影響を与えますからね。
鳥取・松江・萩、このあたりは行きたいところばかりです。

投稿: きょんち | 2007年8月13日 (月) 19時36分

きょんちさん
松江城には、でっかくて無骨ななかにも、
実戦的な機能美の様なものを感じました。

山陰地方は古代において、大和とは違う文化圏を形成していたようなので、
独特の雰囲気を感じます。
朝廷にまつろわぬ人々を、妖怪として恐れた歴史が、
小泉八雲や水木しげるの作品を生んだ素地になっているのかもしれませんね。

投稿: yufuki | 2007年8月13日 (月) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪の港町~灯台~千鳥城へ:

« 皆、生き返る温泉 | トップページ | さらば、晴れの国! »