« 新しき世界 | トップページ | 皆、生き返る温泉 »

2007年7月19日 (木)

最小の蜻蛉

岡山県総社市に、ヒイゴ池湿地と呼ばれている約2.5haほどの湿原があります。

この湿原は平成5年(1993)の岡山自動車道の建設計画で消滅の危機にありましたが、
市民団体(高梁川流域の水と緑をまもる会)の働きかけにより当初のルートが変更され、
保全されることになったビオトープです。

T_imgp3198
【ヒイゴ池湿地記念碑】

入り口から少し入った地点から、約450mに渡って遊歩道が設けられており、
そこから湿原に生息する昆虫や水生植物を観察できるように整備されています。
現在は、行政(総社市)と地元の住民の方々が協力して維持管理をしているそうです。

T_imgp3257
【水辺の野草:名前知らず】

ここには、700種以上の植物と500種以上の昆虫の生息が確認されており、
その中には、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種とされているトキソウやサギソウなどの希少植物や、
現在知られている蜻蛉科のトンボ中で、最も小さいハッチョウトンボなどが含まれています。

T_imgp3272
【蝶々:名前知らず】

この日のお目当ては、5月から8月まで成虫の姿が見られるというハッチョウトンボ。
環境省が自然環境の良好度の指標として指定した十種の「指標昆虫」の一つで、
羽化後も幼虫時代を過ごした水域から離れることがない為、湿原の環境保全の象徴とされるトンボです。

T_imgp3279_1<br />
【トノサマバッタ】

遊歩道を歩き出すと、湿地の上空には沢山のトンボの姿。
まずはハッチョウトンボに拘らず、片っ端から撮影です。

T_imgp3211
【トンボ:名前知らず】

全てをカメラに収める事は出来ませんでしたが、実にいろんな種類のトンボに出会うことが出来ました。

T_imgp3252
【トンボ:ハラビロ?】

暫くの撮影の後、もうそろそろ本命のハッチョウトンボをと、その姿を探しましたが、
何せ、いつものことながら事前の勉強が乏しい為、どんな場所にいるのか見当がつきません。

T_imgp3228
【トンボ:シオカラ系】

「成虫の体長は10~15mm程度で、普通のトンボよりかなり小さいく、
雄は羽化後、体が次第に真っ赤になり、雌は茶、黒、白のしましま」
これだけの情報を頼りに、遊歩道を暫く歩き回わりました。

T_imgp3289_1
【トンボの交尾:名前知らず】

すると、遊歩道から程近い所で、草に止まって此方を見ているちっこいトンボを発見。
「これだ!」と思いました。

T_imgp3236
【ハッチョウトンボ♂①】

全身が真っ赤で、大きさもぴったり。
有難いことに、レンズを向けても逃げ出すことなく、愛嬌のある顔でじっと此方を見つめていました。
しかしながら、湿地への立ち入りは厳禁されているので、にじり寄るにも限度があり、
遊歩道に座り込んで、湿地に落ちるぎりぎりまで身を乗り出しての撮影でした。

T_imgp3238
【ハッチョウトンボ♂②】

体が小さいので、できるだけ寄りたかったのですが、
私が持っているレンズ(TAMRON 28mm-300mm)ではこれが限界。

T_imgp3307
【ハッチョウトンボ♂③】

姿を大きく捉えることのみに意識が集中してしまい、なんとも面白みの無い図鑑写真と相成りました。

T_imgp3260
【ハッチョウトンボ♂④】

最初の出会いから暫く経つと、目が慣れたのか、次々に赤い小さなトンボを発見。

T_imgp3244
【ハッチョウトンボ♀か?】

これがハッチョウトンボに違いないと思いましたが、いまいち自信が無かったので、
居合わせた地元のカメラマンにモニターで確認していただいたら、「間違いナシ」ということでした。

T_imgp3313
【ハッチョウトンボ♂⑤】

平成14年(2002)の渇水時には、ヤゴが育たず、一時ここのハッチョウトンボは絶滅の危機に瀕しましたが、
官民一体となり、井戸を掘るなどの方法で安定した水源確保に取り組み、
今では個体数は順調に回復しているそうです。

T_imgp3232
【蜘蛛:名前知らず】

どこかユーモラスなハッチョウトンボの姿を見ていると、
このトンボがとりわけ、湿原保全の象徴とされている理由が解ったような気がしました。

T_imgp3223_1
【ヒイゴ池湿地】

2時間ほどの撮影でしたが、貴重な自然を体感できた楽しいひと時でした。
沢山の自然を愛する人々の努力で、残った湿原。
この先も、此処がトンボたちの楽園であり続けることを祈りつつ、帰路に着きました。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 新しき世界 | トップページ | 皆、生き返る温泉 »

コメント

蝶はたぶんキマダラセセリではないかと?
交尾してるのはキイトトンボでは??
間違ってたらすみません。。。。
それにしてもシオカラのなんと奇麗な青!すばらしい目玉。
タムの28-300私の常用レンズです!
ちょっと広角足りないけど、いいレンズですよね♪
タムの90マクロと一緒に手放せません。
ハッチョウトンボ、なんて奇麗な赤!!!!!!
目玉まで真っ赤です。

投稿: きょんち | 2007年7月20日 (金) 00時14分

きょんちさん
キマダラセセリ、キイトトンボ了解です。
有難うございました。
きょんちさんは、ホント昆虫に詳しいですね。

タムロンの28-300はホント重宝しています。
これと、同じくタムの17-35の2本を常用しています。
虫撮りするには、やはり明るいマクロ玉が欲しいですね。

投稿: yufuki | 2007年7月20日 (金) 23時34分

湿原保全のための自動車道建設計画のルート変更、立派な決断だと思います。自然の生き物たちとヒトとの共存には、人間が我慢するしか方法は無いのですから。
ハッチョウトンボ、こんなに可愛い生き物を絶滅から救うことが出来て本当によかった。

投稿: kazuo | 2007年7月22日 (日) 08時48分

kazuoさん
有難うございます。
この湿地の保存には、高梁川流域の水と緑をまもる会の創立者で、
医師の重井博氏が尽力されたそうです。
保存湿地の完成を見ることなく、平成8年に72歳で他界されたそうですが、
立派な功績に感謝したいと思います。

投稿: yufuki | 2007年7月22日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最小の蜻蛉:

« 新しき世界 | トップページ | 皆、生き返る温泉 »