« 禅のパイオニア | トップページ | 石井のおとうさん »

2007年6月19日 (火)

鳥人の碑

岡山城から南へ、旭川に沿って500m程下った所に、京橋という橋がかかっています。
その京橋の袂近くに、下の写真にある「表具師幸吉之碑」が立っています。

T_imgp2267
【表具師幸吉之碑】

浮田幸吉(別名桜屋幸吉)は宝暦7年(1757)、備前国八浜(現玉野市八浜町)の宿屋で生まれました。
しかし、実家の宿屋の経営が思わしくなく、幼くして岡山城下の紙屋に奉公に出され、
長じて、生まれながらの手先の器用さを生かし、傘職人を経て表具師となりました。

小さい頃から「鳥のように空を飛べたら」と考えていた幸吉は、
仕事の傍らに鳩などを観察し、鳥が飛ぶ仕組みを独学で研究していました。
その結果、鳩の体重と翼の大きさの割合を人間にあてはめ、
自分の体に見合った大きさの翼が必要であるとの結論に達し、ハバタキ式滑空機を竹と木と紙で作成。
天明5年(1785)6月の夕刻、高さ10m程の京橋から旭川の河原に向けて飛び降り、
見事に数十メートルの滑空飛行に成功しました。

この出来事は、後にその噂を聞いた詩人菅茶山(1748~1827)などによって記録※1されています。

T_imgp2446
【河原の花:本文とは無関係です】

しかし、突然京橋から人が舞い降りてきた為、河原で夕涼みをしていた人々は「天狗が出た!」などと騒然となりました。
その為、幸吉は人々を驚かせた罪に問われ、岡山藩を所払いになってしまいます。

その後、幸吉は駿府の江川町(現静岡市江川町)に移り住み、備前の物産を売る店を開きました。 
そのかたわら時計や入れ歯の修理をしていましたが、ここでも空を飛ぶ夢が捨てきれず再び翼を作り、
今度は阿部川の河原で空を飛んだと伝えられています。 
この為、この土地でも所払いとなり、磐田見付(現磐田市見付)に移り住み「備前屋」という飯屋を開店。
弘化4年(1847)8月、91歳で亡くなりました。 

T_imgp2414
【河原ですれ違った人:本文とは無関係です】

鳥人幸吉の記録は、筒井康隆氏によって「空飛ぶ表具屋」として小説化されています。
(新潮文庫短編集「将軍が目醒めた時」収録)

 空を飛ぶということは、いつの世にも自然の理に反したことなのです。
 人間が空を飛ぶ時、それは死を覚悟した時でなければならない。
 いいかえるならば、死んでもいいから空を飛びたいと強く望む人間だけが空を飛ぶ権利を持つのです。
 (筒井康隆氏「空飛ぶ表具屋」より引用)

T_imgp2390_1
【大空を舞う鳶】

幸吉の京橋での飛行が事実であるならば、
1849年に行なわれた英国のジョージ・ケイリーによるグライダーの飛行実験よりも60年以上早く、
世界初の滑空飛行ということになります。
備前岡山の地は各方面で多くの偉人を輩出していますが、鳥人幸吉も岡山偉人列伝に是非加えたい魅力的な人物です。

※1 菅茶山が著した「筆のすさび」には以下の記述が見られます。
 備前岡山表具師幸吉というもの、一鳩を捕えて、その身の軽重、羽翼の長短を計り、
 わが身の重さとかけ比べて、自から羽翼を製し、機を設けて胸前にて繰り、摶ちて飛行す。
 地より直ちに揚ることあたわず、屋上より羽うちていず。
 ある夜郊外を駈け回りて、一所野宴するを下し見て、もし知れる人にやと近より見んとするに、 
 地に近づけば、風力弱くなりて、思わず落ちたりければ、その男女驚き叫びて逃れ走りける。
 あとに酒肴さわに残りたるを、幸吉あくまで飲み食いして、また飛び去らんとするに、
 地よりは揚り難きゆえ、羽翼をおさめ、歩して帰りける。
 後この事あらわれ、市尹の庁に呼び出され、人のせぬ事をするは、なぐさみといえども一罪なりとて、
 両翼を取り上げ、その住める巷を追放せられて、他の巷に移しかえられける。
 一時の笑柄のみなりしかど、珍しき事なればしるす。
 寛政の前のことなり。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
ランキング参加中につき、宜しければクリックください。

|

« 禅のパイオニア | トップページ | 石井のおとうさん »

コメント

私も関西のまんなかで生まれ育ち、日本史が好きだったにもかかわらず、表舞台からは遠いところで地味に活躍していたひとたちのことをあまり気にとめることがありませんでした。
東北と縁が出来て初めて、秀吉信長とは違うもっと自由な偉人たちが日本にもいたことを知りました。
「空飛ぶ表具屋」ですか!題名からして面白そうですね(*^_^*)
ごくふつうのありきたりなことから脱却しようとするひとが大好きです。(たとえ馬鹿アホと呼ばれていても)
読んでみたいなぁ~良い人のことを教えていただきました。
ありがとうございます。

投稿: きょんち | 2007年6月20日 (水) 18時15分

かつて文豪山本周五郎氏(だったと思います)は、将軍様や大名様について、その業績を描くのが歴史家の仕事であり、
その殿様の時代に生きた庶民を描くのが文学者の仕事であるというような意味のことを語っておられました。

私も、栄光なき偉人達に惹かれますね。

投稿: yufuki | 2007年6月20日 (水) 23時51分

学生の頃、グライダークラブに所属していたこともあって、興味深く拝見しました。鳥人幸吉の生きた時代には、奇人変人の扱いを超え不逞の輩として見られたのでしょうね。それにしても2度の所払いとは…。どこかに彼をバックアップするような藩でもあったなら、日本の航空史をも変えられた人物かもなどと思うと少々残念な気がします。

投稿: kazuo | 2007年6月23日 (土) 13時24分

鳥人幸吉は、常人には計り知れない天才だったと思います。
幸吉の才能を世に認めさせるプロデューサーがいたなら、
仰るように、日本の航空史や日本史そのものが書き換わっていたでしょうね。

投稿: yufuki | 2007年6月25日 (月) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥人の碑:

« 禅のパイオニア | トップページ | 石井のおとうさん »