« 再訪~三郎島・王子が岳 | トップページ | 鎮魂の桜 »

2007年4月11日 (水)

絶えて桜のなかりせば・・・

桜の季節も、残りあと僅か。
咲いたと思ったら、すぐにパッと散ってしまう。
その潔さが、桜が日本人に愛される理由だとは思いますが、この季節はどうも落ち着きません。
その昔、在原業平が「世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」
と詠んだ気持ちが分るような気がします。

T_imgp1653_1
【桜:三休公園】

岡山県内に数ある桜スポットを、端から順番に回りたい気持ちでですが、
私の休日状況からして、この春に行けるところは限られています。
あと残すところ僅かの機会に、どこを観たいかと考えた末、
岡山県の中北部、美咲町にある三休(みやすみ)公園に行ってきました。

T_imgp1174_1
【旭川ダム湖~三休公園より】

三休公園は標高270mの高台にある公園で、昭和41年(1966)の開設。
ソメイヨシノがおよそ5000本植えられており、公園全体をピンクに染めていました。

T_imgp1616
【三休公園の眺望】

眼下には旭川ダム湖が広がっており、その湖岸に植えられた桜も一望できます。

T_imgp1167
【麓から見た三休公園】

県下に数ある桜の名所の中で私がここに惹かれた理由は、
5000本の桜と共に、1000本のミツバツツジが植えられている事であります。

T_imgp1177
【ツツジと桜の共演】

桜のピンクに混じって、さらに濃い色ピンクを添えるツツジの共演は本当に見事でした。
ツツジの見頃はもう少し先ですが、桜との共演は今が盛り。

T_imgp1633_1
【ミツバツツジ】

写真はともかく、心に残る景色でありました。

T_imgp1628
【お花見風景】

三休公園で桜とツツジを堪能したあと、
国道429号線を南下、吉備中央町の円城寺まで足を伸ばしました。

T_imgp1670
【円城寺山門】

円城寺は霊亀元年(715)、行基上人により創建された古刹。
創建当初は現在地より6kmほど東北の本宮山の中腹にあり、正法寺といいましたが、
弘安5年(1282)の大火で消失、翌年に蓮信が現在地に再建し、名も円城寺と改めました。

T_imgp1194
【円城寺境内】

その後、一時は塔中14ヵ坊、末寺6ヵ寺を数えるほど隆盛を極めましたが、
天保4年(1833)に門前町とともに再び焼失、現在の本堂は弘化3年(1846)に再建されたものです。

T_imgp1189
【阿弥陀堂】

本堂の脇には、基礎石に延文2年1357)と刻まれた宝篋印塔が端整な姿のままで残っています。
昭和43年(1968)の解体時には、塔下の地中石室から約5,000体もの千手観音像や地蔵菩薩が発見され、
当時は、大きな話題となったそうです。

T_imgp1193
【宝篋印塔】

円城寺の周辺には鎌倉時代中期より門前町が形成され、お寺の隆盛と共に繁栄しました。
江戸時代には、酒屋などの商店や宿屋が軒を連ねる近郷の商業の中心地となり、
明治の頃には登記所、銀行支店等も設けられ、行政の中心地にまで発展しました。

T_imgp1666
【円城寺門前町】

現在は吉備高原の典型的な農村風景が残る集落として、岡山県下に7ヶ所ある「ふるさと村」に指定されています。
しかしながら、かつて訪れた「吹屋」や「ハ塔寺」とは違い、観光資源として活用しようという意図は殆ど見えません。

T_imgp1658
【円城寺小学校の生徒】

国道沿いに大きな案内標識が出ていましたが、
私の様なブラブラ散歩の人間でも、これはちょっとイカンのでは?と思いました。
観光案内板には無料休憩所があるとの事で立ち寄ってみましたが、実態は写真の通り。
私としては、古い農具や生活用品が乱雑に置いてあり、結構楽しめましたが、
普通、ここでゆっくりする気になる人は少ないと思います。

T_imgp1198
【無料休憩所】

「ふるさと村」に指定されていなかったら、ただの長閑な山間の村。
外部の人間からとやかく言われることも無かったと思うので、
地元の人には少々気の毒なような気がします。
地元にとっての指定の恩恵は、道路が整備された事ぐらいでしょうか。
なんだか、騙されたような気分になったのは、私だけではないような気がします。

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
宜しければ、クリックください。

|

« 再訪~三郎島・王子が岳 | トップページ | 鎮魂の桜 »

コメント

yufukiさんのお気持ち、良くわかります。仰る通り、この桜の時期は落ち着きませんね。写真、桃源郷を見ているかのようです。“無料休憩場”には思わず吹き出してしまいましたが…。投票!!

投稿: kazuo | 2007年4月11日 (水) 21時35分

kazuoさん
有り難うございます。
無理だと分っていても、桜が綺麗だと聞けば全部見たくなります。
自分でも、困ったもんだと思います。

投稿: yufuki | 2007年4月11日 (水) 23時32分

yufukiさん、
講師賞、おめでとうございます!
撮影意図をしっかりと表現された本当に素晴らしい作品でした。
私は人のいる風景写真が好きです。大自然の美ももちろん良いですが、日常の風景の中に、生き、暮らしている人間の存在をより愛しく思うので。

これからも良い作品を見せてください。楽しみにしています。

投稿: 遥夢 | 2007年4月13日 (金) 10時02分

遥夢さん
有難うございます。

テーマに沿って、きっちりコンスタントに撮る。
撮る写真のアベレージを上げる。

この二つを課題として、毎月応募を決めていましたが、
先月は、あまりにも出来が悪く、応募を断念。
気持ちを仕切りなおして、今月応募しましたが、
講師賞を頂き、本当にうれしく思っています。

来月からも毎月応募を心がけ、お散歩の諸先輩方に、
少しでも追いつけるよう頑張ります。

投稿: yuhuki | 2007年4月13日 (金) 14時16分

数々の山々と桜、わたしも山へ行きたくなりなりました
が、春風まだはまだみたいです

投稿: でら | 2007年4月14日 (土) 21時36分

でらさん
コメント有り難うございます。

駆け足ですが「delarie exblog」拝見しました。
秋田の方は桜、まだなんですね。
咲いたら、是非とも写真アップしてください。
また、立ち寄らせていただきます。

投稿: yufuki | 2007年4月15日 (日) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶えて桜のなかりせば・・・:

» 実は、株で儲けることは簡単です [株トレードで初心者でも利益1000%]
あなたは、株で儲け続ける黄金法則がある としたら、知りたいとは思いませんか・・・? [続きを読む]

受信: 2007年4月11日 (水) 19時44分

« 再訪~三郎島・王子が岳 | トップページ | 鎮魂の桜 »