« 鎮魂の桜 | トップページ | なくてもある町 »

2007年4月25日 (水)

「綺麗さび」の真髄

岡山県の中部の高梁川沿いにある高梁市は、歴史情緒があふれる魅力的な町です。
以前、このブログでも紹介した名城備中松山城をはじめとして、
武家屋敷や商家などが数多く保存され、当時の姿を今に伝えています。

T_imgp1963
【石火矢町】

特に、武家屋敷が多く残る石火矢町(いしびやちょう)付近は、
近くを流れる紺屋川沿いの美観地区と併せて、
岡山県内で七ヶ所ある「ふるさと村」に指定されています。
石火矢町自体は、直線250m程の通り一本のみという大変狭い区画ですが、
屋敷を囲む土塀と長屋門が整然と立ち並ぶ姿は壮観で、
地元の方々の町並み保存に対する意識の高さを感じました。

T_imgp1898
【安国頼久寺】

その石火矢町から程近いところに、備中松山城と並んで、
備中路の名所中の名所と称せられる天柱山安国頼久寺があります。

T_imgp1893
【鐘楼と桜】

安国頼久寺は臨済宗永源寺派の古刹で、その草創は不詳ですが、
戦没将士の冥福を祈るために、足利尊氏が諸国に命じて造らせた安国寺の1つとして、
暦応2年(1339)に再興され、備中安国寺と号しました。
その際、当時中国から帰朝し備中備後路を巡錫中であった、
寂室元光(じゃくしつげんこう)禅師を開山第一祖として迎請しました。
その後、永正元年(1504)備中松山城主、上野頼久公が寺観を一新。
大永元年の頼久公の逝去に伴い、その子頼氏が寺名に頼久の二字を加え、
安国頼久寺と改称しました。

T_imgp1862
【書院より見る庭園1】

安国頼久寺が備中路の名所とされる所以は、その見事な庭園にあります。
江戸初期の美の巨匠、小堀遠州が作庭した蓬莱式枯山水庭園で、
慶長8年頃(1603)に完成しました。

T_imgp1866
【書院より見る庭園2】

小堀遠州は、茶の湯、建築、作庭、書、和歌など、多彩な分野に才能を発揮し、
江戸初期の文化をリードした美の巨匠です。

T_imgp1958
【石灯籠1】

天正7年(1579)、近江小室藩主(1万2千石)小堀正次の子として生まれ、
幼少の頃より、英才教育を受けて育ちました。
茶人としては、千利休から古田織部と続いた茶道の本流を受け継ぎ、
寛永13年(1636)には徳川将軍家の茶道指南役となりました。

T_imgp1872_1
【石灯籠2】

作事奉行としても天才的な感性を発揮し、
名古屋城本丸や伏見城本丸、大阪城本丸などを建築。
また、大徳寺孤篷庵や南禅寺金地院、二条城二の丸庭園など、
今日でも名園と呼ばれる庭園を数多く手掛けました。

T_imgp1883_1
【サツキの大刈り込み】

遠州の美のキーワードは「綺麗さび」。
難しい事は分かりませんが、簡単に言うならば、
誰にでも解り易い、開放的な美を象徴する概念だそうです。

T_imgp1855
【頼久寺】

愛宕山を借景として、白砂敷の中央に二つの低い築山(亀島・鶴島)を置いて石を組み、
書院左手の山畔に沿って、サツキの刈込みで大海原を表現。
愛宕山のふんわりと柔らかい形状に、計算し尽くされた庭木や岩の配置が本当に見事で、
お庭鑑賞については門外漢の私でも、「なんか良いな~♪」と素直に感じる美しさでした。

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
宜しければ、クリックください。

|

« 鎮魂の桜 | トップページ | なくてもある町 »

コメント

落ち着いた歴史を感じる街ですね。
yufukiさんのブログが更新される度に訪れたく
なる場所が増えます。
写真の水平と垂直がびしっと決まっていて見せてもらう方も気持ち引き締まります。
私は水平に撮れなくて悩みの日々が続いているのです。

投稿: いぶき | 2007年4月25日 (水) 05時43分

いぶきさん
私も右上がり癖が強く、矯正したくてもなかなかうまくいきません。
水平をまず、液晶チェックしてアウトの写真はその場で削除。
同じ場所から何枚取ることやら。
道のりは険しいです。

投稿: yufuki | 2007年4月25日 (水) 20時51分

小堀遠州、聞いてはおりましたが見るのは初めてです。それにしても見事な庭園ですね。
yufukiさんの写真に刺激され、仙台にも何処かに名園がないものかと、捜しているところです。

投稿: kazuo | 2007年4月27日 (金) 23時20分

kazuoさん
本当に、見事な庭園でした。
お庭のことを、詳しく理解しているわけではありませんが、
眺めているだけで、確かに落ち着いた気持ちになりました。

投稿: yufuki | 2007年4月30日 (月) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「綺麗さび」の真髄:

» 弘前大学サークル [弘前大学サークル案内]
弘前大学サークルに関する情報のご案内です [続きを読む]

受信: 2007年4月25日 (水) 09時34分

» 有馬温泉の歴史 [有馬温泉の旅館宿で宿泊・日帰り入浴]
有馬温泉の守護神として名高い湯泉神社の縁起によると、有馬温泉の泉源を最初に発見したのは、神代の昔、大已貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)の二柱の神であったと記されています。この二神が有馬を訪れた時、三羽の傷ついたカラスが水たまりで水浴していました。 ... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 23時15分

» はじめまして [観光総合ガイド]
管理人様、突然のごあいさつ失礼致します。私たちは皆様に楽しい旅の1ページをお手伝いする「旅」の情報サイトを運営させて頂いています。  心暖まる四季折々の観光地を毎回、更新させて頂いておりますので、是非一度ご覧ください。  もし、必要がなければお手数ですが、削除をお願い致します。 失礼します。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 13時45分

« 鎮魂の桜 | トップページ | なくてもある町 »