« 河内國一ノ宮 | トップページ | 庶民の学舎 »

2007年2月27日 (火)

絶景、光と影

岡山県玉野市の南西端、瀬戸内海に面した所に王子が岳という景勝地があります。
山頂からは瀬戸大橋の全景、瀬戸内海の多島美、対岸の四国連山までが一望でき、
巨岩・奇岩が重なり合う雄大な景観は見る人を圧倒します。
岡山に赴任後、数々の景勝地を訪れましたが、中でもここは最もお気に入りの場所の1つです。

T_imgp0513
【王子が岳展望台より瀬戸大橋】

王子が岳という名称は、渋川海岸に隣接した新割山(234.4m)と矢出山(159.0m)一帯の総称で、
由来は、百済の8人の王子がここに住んでいたという伝説によるものだそうです。
現地案内板によると、伝説の内容は以下のようなもの。
「むかしここに王子がいました。王子は百済姫の子供であるとも言われています。
柴坂(しばさか)の王子、坂手(さかて)の王子、筈割(はずわり)の王子、峰の王子、
日の王子、錫投げ王子、谷の王子、瓶割王子の八人です。
それでここを王子が岳と呼ぶようになったのです。」

T_imgp0517
【奇岩:にこにこ岩】

王子が岳の1番の見所は、海にせり出した奇岩群。
写真の「にこにこ岩」の他にも、「おじさん岩」「ひつじ岩」など面白い名前がつけられた岩が沢山あり、
それらを見て回るだけで、十分楽しめます。

T_imgp9988>
【フライトポイント】

海に面した急峻な地形は、パラグライダーのフライトポイントとしては絶好で、
大勢の愛好家がここから空の散歩を楽しんでいます。
また、春には山頂展望台からすぐのところにある桜園が見事だそうで、
3月下旬には、瀬戸内海をバックにした桜を撮りに行きたいと思っています。

T_imgp9998_1
【王子が岳桜園地】

この日の天気は晴れ。
しかしながら、海上の見通しは悪く、瀬戸大橋や瀬戸内海の島々は遠く霞んで見えました。
最高のコンディションではありませんでしたが、海にせり出した巨岩の上で食べる弁当は格別。
コンビ二の弁当も、ここではご馳走に生まれ変わります。
駐車場から新割山頂までは、たいした距離もなく簡単に登れる所も、私のようなものぐさ者には嬉しい限り。
もっと歩きたい方には、麓の渋川港近くから遊歩道が整備されており、そちらがお勧めです。

T_imgp9992>
【王子が岳より海岸線を見下ろす】

しかし、そんな良い事尽くめの景勝地にも、バブルの傷跡がくっきりと残っています。

T_imgp0537
【王子が岳上空を舞う鳶】

今回は写真に収めていませんが、山頂付近には地上7階・地下2階の巨大な廃墟が残されています。
その名は「王子アルカディアリゾートホテル」。
1993年に環境庁(当時)所管の特殊法人公害防止事業団※が約40億円かけて建設しました。
計画では、建物完成後に玉野市出資の第3セクター「王子リゾート」が購入し、運営にあたる予定でしたが、
バブル崩壊の影響で出資企業が撤退、内装未完成のまま、開業される事無く放置されています。

T_imgp0521>
【弁当を狙うカラス】

2003年9月には当時の環境保全事業団が、延滞利息を含め約60億円に上る債権回収のため、
岡山地裁にホテルの競売を申し立て。
岡山地裁は2004年11月から合計3回の競売を行いましたが、1人の応札者もなく、
昨年の2月からは最初の希望者に売却する「特別売却」で買い手が現れるのを待っていました。
そして、1ヶ月後の3月に入ってやっと買い手が現れ、地元の不動産会社社長に売却許可したと公告されました。
ちなみに土地・建物を含めた売却価格は1億899万2800円で、介護施設の研修センターとして利用されるようです。

T_imgp0486>
【渋川海岸の青鷺】

県下NO.1海水浴場の渋川海岸と併せ、王子が岳の素晴らしい自然景観を巧くアピールすれば、
馬鹿げた額のコストをかけずとも、市外・県外からの観光客も呼べたはず。
それを、安易に利権セットの箱物に走ったつけは重く、市の財政を圧迫し続けています。
事の成り行きを全て見守ってきた「にこにこ岩」の微笑みが、消えずに残った事が唯一の救いです。

※現・独立行政法人環境再生保全機構

最後までお付き合いいただき、有り難うございます。
宜しければ、クリックください。
にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
励みになります。

|

« 河内國一ノ宮 | トップページ | 庶民の学舎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河内國一ノ宮 | トップページ | 庶民の学舎 »