« 野に在りて輝く | トップページ | 浪速の神様 »

2006年12月29日 (金)

再び岡山城から

いよいよ、今年も残すところあと3日。
公官庁をはじめ、多くの企業が仕事納めを迎えた中、
私が従事している流通業は、クリスマス~お正月にかけてが年間最大の繁忙期。
非常に忙しく、このブログも12月18日以来更新が途絶えています。
このまま、年を越すのもイヤなので年内最後のアップです。

T_imgp0140_1
【岡山城天守1】

本日、仕事の方は久しぶりのお休み。
しかし、風邪気味で体調が良くないうえに、気温がめっきりと冷え込んできたので、
遠出は諦め、近くの岡山城周辺をカメラ片手に散歩してきました。

T_imgp0158
【岡山城天守2】

岡山城については、以前もこのブログ(漆黒の城)で御紹介しましたが、
現在の天守は、戦後再建された鉄筋コンクリートのビルディング。
宇喜多直家が天正元年に創築した旧天守は、
アメリカ軍による岡山大空襲により焼失してしまいました。

T_imgp9591
【岡山城天守3】

太平洋戦争末期の昭和20年(1945)6月29日、
岡山市は、B29爆撃機約70機の僅か90分程の焼夷弾攻撃で、
岡山城天守をはじめ、市街地の約8割を焼失しました。
約25,000戸が焼け落ち、1,700人以上の死者がでたと言われますが、
今現在でも正確な死者の把握はできていないそうです。
罹災者は104,606人に及び、全国で80ある罹災都市の中で、8番目にあたる深刻さでした。

T_imgp0117
【水辺のモモちゃん像】

この岡山大空襲は、日本の物理的戦力に攻撃を加え、破壊することが目的の作戦ではありませんでした。
当時の米軍側の資料では、この作戦での焼夷弾攻撃地域で、標的となった施設の破壊率は、
岡山城や中学校校舎などは100%、反対に鉄道施設が3%となっています。
このことから、岡山大空襲の本質は、一般市民の戦意をそぐためになされた、
恐喝空襲(terror raids)であったことが見えてきます。
アメリカ軍は、軍港や軍需工場などの工業地帯の爆撃には破壊弾を使用しましたが、
木造の建物が多い住宅地域に対しては、焼夷弾を主とした爆撃を行いました。
都市火災を発生させ、非戦闘員を殺傷することが目的であったことは明らかで、
この方針は、そのまま広島・長崎への原子爆弾の投下につながっています。

T_imgp0123
【学生さん:旭川河川敷】

日本は戦後60年で国を建て直し、岡山市でも空襲の爪あとを探すことさえ難くなりました。
昼時の岡山城周辺は、年の瀬の慌しさすら感じさせない長閑な時間が流れ、
平和がごく当たり前のように感じられます。

T_imgp0131_1
【鷺:旭川河川敷】

しかし、いまなおイラクやレバノン、ソマリアなどの世界各地の軍事紛争では、
多くの民間人に犠牲を強いる「空からのテロル=空襲」が行われています。
殺す相手を視認しない空からの殺戮は、最も非人間的な行為であり、明らかな国際法違反です。
このような悲惨極まりない行為が、近い将来に地球上からなくなることを、
2006年の締めくくりに、岡山の地より、無力であると知りつつ、ただ祈ります。

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 野に在りて輝く | トップページ | 浪速の神様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野に在りて輝く | トップページ | 浪速の神様 »