« 近代の遺跡 | トップページ | 湖の悲鳴 »

2006年10月29日 (日)

士族の商い

061029cocolog

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

今週は仕事が忙しく、岡山・大阪・福岡と行ったりきたりしていました。

そのため、カメラをぶら下げ出歩く暇もなく、ブログの日記更新もサボりっぱなし。

岡山単身赴任以来最長の7日間のブランクとなってしまいました。

週に一度も更新しないのに、日記とは・・・と反省するに至り、

職場を一時離脱、大急ぎで写真を撮ってきました。

というわけで本日は、職場から程近い岡山駅周辺の話題、駅前商店街シリーズの第二弾です。

先日(10月16日)は、JR岡山駅東口のすぐ前にある岡山駅前商店街、通称「スカイモール21」を取り上げましたが、

駅を挟んで反対側の西口方面にも「奉還町」という歴史のある商店街があります。

江戸時代のこの付近は城下町の西のはずれ。

街道(山陽道)が通っているだけの寂しい場所でしたが、

そこに商店街が形成され始めたのは、明治維新の頃だそうです。

明治4年(1871)、廃藩置県が実施され、岡山藩は岡山県、岡山城下には区制が布かれ岡山区と改められました。

そして、その後の版籍奉還により、岡山藩の士族の大多数は藩⇒県の行政にかかわることが出来なくなり、

また、徴兵令により士族の専管事項であった兵役の義務も平民と同等となったため、

政府から特に秩禄を受け取る理由がなくなり、失業してしまいました。

しかしながら、士族の軍事力による抵抗は政府や県にとっては脅威であり、

士族の不満を穏便に抑え、生計を立てられるような対策が急務となりました。

そこで、明治6年(1873)に、秩禄の額を一定額減じて、

その6年分を、年利6%の秩禄公債と現金を半々で交付する家禄奉還が実施されるに至ります。

この「奉還金」を元手に士族たちが商売を始めたのが、現在の奉還町商店街の起源です。

奉還町は山陽道沿いにありましたが、城下町からははずれていたため、

江戸時代の記録では「往来に家なし」という状況でしたが、

明治9年(1876)の新聞には、「奉還士族の商店多く五六十軒もあり、俗に奉還町と唱え」とあり、

商店街が形成さつつあったこと、この頃から「奉還町」という地名で呼ばれていたことなどが伺い知れます。

しかし、不慣れなうえ、高飛車な「士族の商法」はそのほとんどが失敗し、

現在、奉還町で武士の子孫で商売を続けているお店は僅かに1店のみとなっています。

士族のお店はほとんどが姿を消してしまいましたが、商店街の起こりから100年以上経った今も、

日用品を扱う店を中心に、飲食店や食料品店など沢山の商店が軒を並べています。

往来数は週末より平日の方が多いそうで、

地域の人々の普段の生活にはなくてはならない商店街ではあるようです。

往時を知る人は、寂れたという印象であるかもしれませんが、

地域に密着した「頑張る商店街」の印象を受けました。

|

« 近代の遺跡 | トップページ | 湖の悲鳴 »

コメント

己が置かれた立場によって、態度を変えるのは「八方美人」かもしれませんが、処世には必要なことですね。
第二次世界大戦当時、憲兵だった方が、戦後、洋服屋に勤められ、腰の低い方になられたとか…
数年前に亡くなられましたが、若輩者の私にも敬語で接していただきました。

投稿: パラドックス | 2006年10月30日 (月) 00時41分

パラドックスさん
長年の態度や習慣を変えるのは、
大変な努力が必要です。
その洋服屋さんは、立派な方だと思います。

投稿: yufuki | 2006年11月10日 (金) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87795/4001279

この記事へのトラックバック一覧です: 士族の商い:

« 近代の遺跡 | トップページ | 湖の悲鳴 »