« 漆黒の城 | トップページ | 奇祭の古刹 »

2006年10月16日 (月)

スカイモール21

061016cocolog

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

本日の写真は、岡山駅前商店街、名前のとおりJR岡山駅のすぐ前にある商店街です。

物販店舗のみならず、サービス業・映画館・飲食店等多様な商店が集まっており、

往時は大変な賑わいで、平日でも人出でごった返していたそうです。

しかし、現在は市内でも有数の好立地にありながら、活気が全く在りません。

駅前地区が市街地となったのは明治時代の山陽鉄道開通以降のことで、江戸時代には城下町から外れた田地でした。

多くの商店が立ち並ぶようになったのは戦後のことで、日本各地の市街中心部の多くの商店街がそうであった様に、

ヤミ市が出発点となり、徐々に商店街としての体裁を整えていきました。

アーケードは昭和37年(1962)、カラー舗装は昭和53年の整備です。

しかし、バブル期以降は衰退が激しく、これまた、日本各地の市街中心部の多くの商店街がそうである様に、

シャッター商店街と化し、閑古鳥が鳴いています。

その象徴的存在が、商店街の入り口に建っている「岡山会館」です。(写真右手のビル)

現在の「岡山会館」ビルは、昭和36年(1961)の第17回岡山国体開催に合わせて建てられ、

以来、岡山のランドマーク的存在として地下2階地上9階建ての偉容を誇ってきました。

建物の所有者は、昭和29年(1954)に戦後復興事業の駅前開発の一環として、

岡山市・岡山県・地元企業が出資し設立した岡山会館㈱でした。

ホテルや店舗などが多数入居し、40余年間営業を続けてきましたが、

時代の波には勝てず、経営悪化で平成15年(2003)競売に付され、その歴史に幕を下ろしました。

現在の所有は、18億8千万円で落札した地元の某遊技場会社(パチンコチェーン)となっており、

建替えして大型家電専門店が出店するだとか、某ファッションビルが興味を示しているだとか、

再開発の話は幾通りも聞こえてきますが、現在のところどれも具体的にはなっていない様です。

建設する時は、官民挙げて取り組んだにもかかわらず、調子が悪くなれば売却して放ったらかし。

廃墟となったビルが玄関口にある商店街に、復活の日は来るのでしょうか?

<余談>
「岡山会館」ビルに最後まで入居していたのは「ホテルニュー岡山」で、
このホテルは、TVアニメ「タイガーマスク」にも登場した老舗です。
「タイガーマスク」に登場したときは、ジャイアント馬場が宿泊していました。
ホテルの部屋から、馬場さんがタイガーマスクに電話を掛けるシーンがありました。

|

« 漆黒の城 | トップページ | 奇祭の古刹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87795/3826831

この記事へのトラックバック一覧です: スカイモール21:

» ビックカメラ、2007年秋に中四国地方に進出 [LUNARAVE WEBクリエーターの仕事と休息]
中・四国地方では駐車場が完備された郊外型が多く、家電量販店もその一例だ。 [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 12時37分

« 漆黒の城 | トップページ | 奇祭の古刹 »