« 岡山駅西口 | トップページ | 戒めの高い空 »

2006年8月28日 (月)

日生の漁港

060828cocolog

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

本日は、岡山県の南東、兵庫県との県境近くにある備前市日生町に行ってきました。

日生(ひなせ)町は、背後を山に囲まれた狭い平地と、瀬戸内海に浮かぶ大小13の日生諸島からなる、

瀬戸内特有の温暖な気候に恵まれた美しい港町です。

以前は町として独立の行政単位でしたが、小泉内閣の平成の大合併政策に乗っかり

2005年3月22日に(旧)備前市、吉永町と合併し、現在は「新・備前市」に組み入れられています。

写真は、漁港に隣接した日生町漁協の市場でのセリの様子を撮ったものです。

独特の掛け声の下で、水揚げされたばかりの魚が次々と競り落とされていました。

魚種はアナゴ、小鯵、シャコ、小エビ、ワタリガニなどの他にも大小多種に及んでいて、

魚の知識が不足している私には、よく判らないのも沢山ありました。

また、漁協の市場の隣には「五味の市」という小売販売場があり、

早朝に水揚された新鮮な魚が、平日は9:00頃から、

漁師のおかみさんたちの手で威勢よく売られています

「五味の市」は40年以上の歴史があり、以前は港の脇の路上に市が立っていたそうですが、

今は専用の別棟が完成し、その中での営業となっています。

この日は、水揚げ自体が悪かったのか、それとも平日はこんなものなのか、

店頭で売られている魚も少なく、お客さんのほうも疎らでした。

ここに来る前に、岡山市出身の方から「日生の魚は安くて美味い!」と聞いていましたが、

立派な建物が建ち、観光客相手になってしまったせいか、あまり安くは無い気がします。

この日だけの印象でしかありませんが、市価より1~2割安く買える程度ではないかと思います。

鮮度を考えると安いのかもしれませんが、岡山市内からでも車で約一時間。

ちょっと考えてしまいます。

|

« 岡山駅西口 | トップページ | 戒めの高い空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87795/3239346

この記事へのトラックバック一覧です: 日生の漁港:

« 岡山駅西口 | トップページ | 戒めの高い空 »