« 市民の足2 | トップページ | 変わりゆく大阪 »

2006年7月17日 (月)

早朝「観蓮節」

060717cocolog

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

7月16日(日)早朝、岡山市の後楽園で、夏の風物詩「観蓮節」が行われました。

「観蓮節」とは読んで字のごとく、蓮の花を観る行事であります。

ここの蓮池は普段も公開されており、いつでも観ることが出来ますが、

「観蓮節」だけは早朝(AM4:00)に開園されるので、夜明けとともに開くハスの花を観賞できる唯一の日となっています。

この行事の始まりは結構新しく、1956年。

岡山市出身の植物学者・大賀一郎博士から、古代蓮の一種「大賀蓮」を寄贈されたのを記念して始められたのだそうです。

夜明けとともに開花していく神秘を見られるのは、年に一度のこの日だけとあって、

早朝にもかかわらず大勢の人たちで賑わいます。

私も、AM3:30に到着しましたが、門前にはもうすでに大行列が出来ていました。

入場したら、すぐに撮影ポイントの場所取り合戦。

その後AM4:30位からほのぼのと夜が明け始め、蓮の花が開き始めました。

夜明けの風が蓮の葉を揺らすと開花が始まるのだと、

地元でキャリアの長そうなカメラマンに教えていただきました。

ちなみに、約40分かけてゆっくりと開いてゆくので、よく言われる「ポン!」という音は聞こえませんでした。

後楽園で咲くハスは、今日の写真の「一天四海」(別名:大名蓮)をはじめ数種類。

お目当ての「大賀蓮」は開花の数が少なく、良い写真は撮れませんでした。

おまけにカメラの設定ミスもあり、ボツ写真の大量生産。

AM5:00までに撮った写真はほぼ全滅で、早起きが台無しとなりました。

AM9:30より通常どおり出勤し、仕事を終えたときにはもうフラフラ状態。

帰宅後、バタンキュー(古い表現?)でベッドにもぐりこみながら、

眠気で朦朧とする頭で、来年のリベンジを心に誓いました。

|

« 市民の足2 | トップページ | 変わりゆく大阪 »

コメント

こんばんは、今月の初めに万博公園内日本庭園の早朝観蓮会に行きましたよ。ここは6時~だったけど蕾からだんだん開いていく蓮をはじめてみました。

早朝のピーンとはった空気を感じるとシャッキっとするでしょう?

日曜日も仕事なんですね
お疲れ様でした。

投稿: のら | 2006年7月17日 (月) 23時04分

久しぶりに夜明けを体験し、
気持ちよかっです。

その後の仕事はバテバテでしたが・・・

万博の日本庭園も6時から開けるんですね。
知らなかった。
今年はもう無理そうやど、
来年行ってみようかな。

投稿: yufuki | 2006年7月18日 (火) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87795/2687033

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝「観蓮節」:

« 市民の足2 | トップページ | 変わりゆく大阪 »