« 姫女苑の思い出 | トップページ | 似て非なるもの »

2006年6月 6日 (火)

街の田んぼ

060606cocolog

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

我が家の近所にある田んぼでも、田植えが行われました。

このあたりは数十年前までは一大農作地帯で、米作や綿作(河内木綿)が盛んに行われていました。

しかし、昭和30年代以降は田畑の宅地化が急速にすすみ、現在は写真のような田んぼが虫食い状に点在しています。

かく言う我が家も、田んぼを潰して造成された小規模建売住宅であります。

写真を撮りだしてから初めての田植えの時期なので、その様子を是非撮りたいと思っていましたが、

ふと考えると、いつ行われるのか全く情報がありません。

普段からご近所づきあいが度を越して盛んな我が嫁に聞いても、農作業情報は皆無に等しいのです。

嫁に聞くところによると、古くからの地主(田畑の元の持ち主)さんは、

少し離れた大きな蔵のあるような農家が集中している地区に住んでいて、

私たち建売族とは深い交流がない様なのです。

情報がないので予定を立てたることも出来ず、休日は花鳥撮りに精を出しているうちに、

気がつけば田んぼに水が入り、あっという間に田植え完了。

ここに越してきて10年になりますが、我が家のすぐ近所の田んぼが、

どなたの田んぼやらも知らないというような間柄が続いています。

なんだかさびしい気がしますが、コレが現実です。

しかし、来年の田植えまでには、この状況を打破するゾと思っています。

写真が撮りたい一心で、以前より世間を広げれられたら、

それはそれで素晴らしい事ではありませんか。

|

« 姫女苑の思い出 | トップページ | 似て非なるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87795/2107545

この記事へのトラックバック一覧です: 街の田んぼ:

« 姫女苑の思い出 | トップページ | 似て非なるもの »