« 謎の昭和遺産 | トップページ | 腕白小僧 »

2006年5月31日 (水)

Qの称号

060531cocolog

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

本日は、また福岡へ日帰り出張。

伊丹空港で搭乗の際、携帯電話で撮影した画像です。

ANAの伊丹~福岡便は一日6便が運行していますが、

そのうち午前出発の7:50発のANA421便と8:55発のANA1675便をよく利用します。

ANA421便の機材は通常ボーイング777-200で、座席数が415席もある大型ジェット機ですが、

そのすぐ後の便は、写真のボンバルディアDHC8-Q400という座席数74席の双発のプロペラ機が使用されています。

私は、飛行機に対する恐怖感はあまり無いほうだと思っているのですが、プロペラ機はどうも苦手です。

本日も翼の真横の窓際席だったので、伝わってくる振動を足元に感じて、

唸るエンジン音を聞きながら、窓の外のプロペラの回転の様子を見ていると、

「大丈夫やろナ?」

「毎日飛んではるねんから、大丈夫にきまっとるがナ」

「でも、今日に限ってなんでや!?ちゅうこともあるで」

などと自問自答が始まってしまいます。

また、この機種には音楽が流れるイヤーホンの設備も付いていないので、

気を散らす事が出来ず、振動と音から逃避する事がよけいに難しいのです。

客室アテンダントのおねいさんも2名しか同乗していないので、

今日の様に座席から遠い場合は、眺めるにも限度があります。

もう少し静かなら眠ってしまう事も可能なんですが、自問自答が始まればもう眠れません。

何とかならないものかと思いますが、機種名のDHC8-Q400の「Q」は、

なんと、騒音・振動抑制装置を装備しているシリーズに付けられる称号で、

「Quiet」(静かな)の略なんだそうです。

これで、「Q」やと言われても・・・

|

« 謎の昭和遺産 | トップページ | 腕白小僧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87795/2019853

この記事へのトラックバック一覧です: Qの称号:

« 謎の昭和遺産 | トップページ | 腕白小僧 »