« 石の仏 | トップページ | 再び踏切から »

2006年5月 5日 (金)

ハトについて

060505cocolog_3

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

私は小さいころから、ハトが好きになれません。

理由は、イメージでしか無いかもしれませんが、

普段は必要以上にオドオドしているクセに、ひとたび自分より弱いと知るや、

急にかさにかかって強気になり、羽毛を逆立て攻撃してくるというような、

そんな裏表のある、狡賢い感じがするのです。

政治信条で、特に外交や防衛問題について穏健な意見を持つ人々をハト派、

強硬な意見を持つ人々をタカ派と言ったりしますが、

この場合も、ハト派という表現が気になってしまいます。

私はここで、政治問題を論じるつもりはありません。

「ハト」と言う比喩表現に引っかかるだけなのです。

本当にハトは穏健でしょうか?

目は笑ってませんよ。

穏健派はネーミングで損をしてるんじゃないかと、いらぬ心配をしてしまいます。

|

« 石の仏 | トップページ | 再び踏切から »

コメント

鳥嫌いの人は結構いますね。
まあさんも超の付く鳥嫌いです。
確かに、鳥の目はよく見ると爬虫類の目をしているので、気持ちいいものでは無いですね。
ハト派にマイナスイメージは、虚を衝かれたようで面白い視点でした。

投稿: | 2006年5月 6日 (土) 00時25分

はじめまして、
ココログのココフラッシュから来ました。

写真が良いですね、なにやら目を引き寄せる力があるというか…。
目が笑ってないといえば、とある消費者金融のCMに出てくる、あの人気者の犬(名前は忘れてしまいましたが)の目はウルウルとしています。が、実際 犬自身としては普通なんだそうです(そういう目をした種)。

犬自身がどんなに変なことを考えていようが企んでいようがあのウルウルなわけで。

なんだか見かけだけを信じると危険な香りが漂ってきます…。

投稿: 神田英一郎 | 2006年5月 6日 (土) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87795/1687659

この記事へのトラックバック一覧です: ハトについて:

« 石の仏 | トップページ | 再び踏切から »