« 線路は続くよ♪ | トップページ | なぜ撮るのか? »

2006年4月24日 (月)

いのちは巡る

060423cocolog_1  

にほんブログ村 写真ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

大阪南港で。

桜の枝が折れて、地面に落ちていました。

たぶん、ついこの間まで立派に花を咲かせていた枝だと思われます。

なぜなら、写真の下のほうをよく観ると小さい花が枝から顔を出しているではないですか。

その花の横には、毒々しいオレンジ色の気持ち悪いものがへばりついております。

菌類に造詣がまるで無いのでよくわかりませんが、キノコかカビの一種だと思われます。

このオレンジ君の仲間やバクテリアや微生物たちが、

かつては花も咲かせ実もつけたこの枝を、やがて跡形も無く土に還してゆくのでしょう。

そして、その土が新たな木を育て、その木がまた花を咲かせ・・・・・・いのちは巡ります。

   『葉っぱのフレデイ』より

   ”いのち”は土や根や木の中の目には見えないところで 

   新しい葉っぱを生み出そうと準備をしています。

   大自然の設計図は寸分の狂いもなく

   ”いのち”を変化させつづけているのです。

|

« 線路は続くよ♪ | トップページ | なぜ撮るのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87795/1515777

この記事へのトラックバック一覧です: いのちは巡る:

« 線路は続くよ♪ | トップページ | なぜ撮るのか? »